半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.84
  • (363)
  • (446)
  • (406)
  • (46)
  • (23)
本棚登録 : 3473
レビュー : 290
  • Amazon.co.jp ・本 (509ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410008

作品紹介・あらすじ

二〇一一年春、九人の北朝鮮の武装コマンドが、開幕ゲーム中の福岡ドームを占拠した。さらに二時間後に、約五百名の特殊部隊が来襲し、市中心部を制圧。彼らは北朝鮮の「反乱軍」を名乗った。慌てる日本政府を尻目に、福岡に潜伏する若者たちが動き出す。国際的孤立を深める日本に起こった奇蹟!話題をさらったベストセラー、ついに文庫化。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2回目読了。
    やはりすごく面白い。
    北朝鮮の特殊部隊の過酷な訓練や、残酷な拷問の話を読んで、ものごとの考え方や価値観が全然違うんだなぁと感じた。
    そして、少なくとも自分は恵まれた環境で生きているなと思った。
    もっとちゃんと生きていかねばと思った。
    日本の犯罪者のグループがどう対抗していくのか、
    あまり記憶にないので下巻も楽しみ。

  • ちょっと長くて読みづらかったけど、何とか読了。他の方も感想で書かれているけれど、この作品は妙にリアリティがある。本文の内容まではいかなくても、これってひょっとして近い将来、あり得るんじゃ?!なんて事がチラホラと出てくる(これ読んでる最中も、ミサイルが発射された。と大騒ぎになったし)

    そして、この国の上の人間のやる事と対応等々に関しては、あー!そうそう。いつもそんな感じだ。質問の答えにならないやつでしょ?みたいに、すごく共感した辺りは著者の描写が素晴らしい=観察眼が鋭いと感じた。しれっと皮肉ってるところも、なかなか良かった。

  • 後半が気になるんだけど、イシハラ軍団、なぜか共感しちゃうんだよね。そんな犯罪犯さないけど。

  • 村上龍さんの本は、読むときにいつも覚悟をします。それは、書かれている世界観に身をキチンと置くこと。そうでないと、こっちが読んでいて置いて行かれる気分になります。

    本書は近い未来の日本の話なので、あっさり身を置けます。そして読み進めるうちに、この国の現状と重ねて考え、「この国は大丈夫だろうか」という不安を覚えます。

    上巻を頑張って読んで、
    途中進みづらいかもしれないけど、
    是非怒涛の下巻(ラスト)へ進んでください!

  • 2016/02/13
    ちょうど先日某国がミサイル発射実験を行い、それについて様々意見がテレビなどで飛び交う中上巻読了。
    近い将来同じようなことが起こっても不思議ではないほど設定がリアル。

  • これはすごい小説だ。発想、スケール、リアリティ、すべてが壮大。これぞ村上龍なクドクドした描写を必死に乗り越えていった先にものすごい世界が目の前にひらける。
    膨大な数の登場人物が出てきて、しかも全員主人公並みの重要性があり、このクドクド描写のおかげで、ひとりひとりを立体的にとらえられて自分の中でしっかりイメージしながら読み進めていった先に、言葉にならないすごい世界が広がっていた!
    自分の脳内にハリウッド映画ばりのスケールのイメージが広がる面白さを久しぶりに体験できました。
    でもチョットこわかったから☆4つ・・・。

  • 北朝鮮の特殊部隊が福岡を占領するという小説である。この本が書かれたのが2005年、舞台は2011年。わずか9人の先鋭部隊が最初に福岡ドームを制圧することから始まるが、まともな対応ができない日本政府はまさに今の状況と重なるのか。まったくの空想とも言えない時代に今なってきている中でリアリティをどこまで感じればよいのかわからない恐ろしさがある。

  • 日本の平和ボケを思い知らされる作品である。上巻はそこまで入れ込まないが、下巻は本当に話にのって読めて面白い。傑作だと思う。
    あまり本を他人に貸すなんていうことはしないが、これは友人にすすめて、貸した。返ってくる気配がないので自分用に買おうかとも思う。

    登場人物がとにかく多いが、一人ひとり個性的で、あまり混乱することはない。
    これを読んでから『昭和歌謡大全集』を読んだのだが、衝撃的だったのは、この話の舞台の日本は調布市をイシハラ・ノブエに爆破されたことのある日本だったということだ。

  • 古本で購入。上下巻。

    「反乱軍」として祖国北朝鮮を出た9人のコマンドによる福岡ドーム占拠。
    数百人の後続部隊が飛来し、高麗遠征軍を名乗った北朝鮮軍が日本政府によって封鎖された福岡の統治を開始する。
    無為無策の日本政府が右顧左眄する中、12万人の北朝鮮軍が福岡へ向けて出港する―

    経済的な凋落と国際社会における孤立により、一等国から滑り落ちた「近未来」の日本。
    軍部の対外強硬派を反乱軍に仕立て上げて日本へ派遣、成功すればよし、失敗しても強硬派の消滅でアメリカなどと対話できると目論む北朝鮮の狡猾。
    膨大な情報で構築された情勢がリアルに描写されている。
    周辺国が静観する中で「暗黙の了解の内に日本は嵌められたのでは」と政府関係者が訝るあたり、大友克洋『気分はもう戦争』を彷彿とさせたな。

    この作品は、言わばリアルさに裏打ちされたエンターテインメント小説。
    どこかカリスマ的な奇矯な老人イシハラの下に集まった、殺人・放火などの重罪を犯した青少年らが高麗遠征軍の打倒に動き出すという筋書は、極端な話ラノベ。ちょっとご都合主義的な部分もある。

    「他者」「世間」との致命的なまでのズレを抱える彼らを主題に描くための題材として、北朝鮮コマンドの福岡占拠っていうのがある感じ。
    あとがきにあるように、小泉元首相の訪朝より以前から構想していた内容のようだし、何かしらの警鐘を目的にした作品ではおそらくない。

    何だか文句言ってる感じになったけど、小説としてものすごくおもしろい。特に下巻は一気読みをオススメしたい。
    福岡市中心部辺りの地理を頭に入れて読んだらもっとおもしろかったかも。
    これが初村上龍だったわけだが、他も読んでみたくなったな。

  • 偶然だが、小説内で設定の今年2011年3月、4月。
    現実の2011年3月には未曾有の震災があり、
    4月頃には、まだ混乱の只中だった。

    経済の破綻という意味では、
    アメリカ経済が崩壊していく
    イコール
    日本経済が破綻していく
    ことをリアルタイムで見ていると、
    決して空想では終わらないのではないかと、
    考えさせられる。

    危機的な状況で優先順位を決めること、
    命を懸けて生きること、
    冷静に距離を持って出来事を眺めること。
    生き抜くための手段が、
    凄まじい情報量の中に、
    埋もれることなく確固として描かれている。

  • まず、こんな小説が書き上げられるということに、ただ驚愕するばかりである。龍氏本人も、この小説の構想を思いついたとき、書くのは無理なのではないかと思ったと、後書きで語っている。
    それだけテーマが突拍子もなく、また北朝鮮というヴェールに包まれた国の中枢の実態を把握するために、北朝鮮に関連する書籍を片っ端から読んだそうだ。
    北朝鮮のコマンドが日本の主要な拠点を占拠するという冒頭のストーリーは、フィクションと捉えていい。しかし、その後彼ら北朝鮮のコマンドの行動に対する日本政府の決断力の無さと日和ったリアクションは、まさに現在のそれを象徴している。
    最後は意外な形で事態が終息するのだが、そこは物語の面白さであって、日本の希望を筆者がそこに託しているとは思えない。
    本書に通底する重要なテーマは、あくまでも不測の事態に直面した時にまずやらなければならならい、優先順位の決定と迅速な実行、リスクへの対応、それらができない組織に未来はないということだ。

  • まるで原発事故の際の政府対応記録を読んでいるようであった。
    他国がどんな戦略で臨んできているか読まない政府、自らの立てた前提・仮説を超えて状況を理解できない官僚、国家総体として難事の際に毅然とした決断を取れない大臣・・・。
    物語は社会のアウトサイダーによる反撃で終焉を迎えるのであるが、著者のイマジネーションにおいて、平時の官僚・政府を観察する限り、政府の自立的な対応あるいは危機対応行動が生まれ得なかった、ということだろう。

    この1年の政府の動きは、この点を実証しているとしか判断できない。

    一度こわれてみる他ないのであろうか。

  • 間違いなく名作!
    非常に精緻に書き上げられており、現実世界と混同してしまうほど。余程取材をしたものと推測される。
    この混沌をどう纏めるのか、下巻が楽しみだ。

  • 経済が破綻した日本の九州福岡を、北朝鮮の武装ゲリラが占領する。プロローグは退屈でしたが、後は引き込まれて一気読み。読み終った後、もう一度読みたくなる。おもしろい!

    いやーすごいです。龍さんのチカラを見せられた気がする。これを執筆するために、どれだけの時間をかけて情報収集したのだろう?

    登場人物も多いですが、ストーリーに引き込まれ、先を急いで読むため、ほとんど気になりません。下巻に続く・・・
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/4344410017

  • 村上龍あんまし、という人に堂々と貸せる本。一気に読めます。これ読んだ後に昭和歌謡大全集を読むと、また半島を出よを読みたくなるループ。

  • 作者の知識の豊富さに驚愕した。
    冒頭の近未来の経済状況が悪化した日本の描写を読んだとき、この人ものすごく勉強してるなあと思ってしまった。
    そのあと北朝鮮の軍隊について詳細な記述がなされていて、読むのがやめられなくなった。取材に相当な時間をかけたことが伺えるし、得た知識を物語の流れからそれないように伝えていることがすごいと思った。
    とにかく、この本を読めば友人より北朝鮮に詳しくなれること間違いなし!

  • 社会批判を全面に盛り込んでくる「コインロッカーベイビーズ」とか「5分後の世界」とかと同じ部類になるであろう攻撃的な作品。
    あまりの批判っぷりに正直なんどもしらけてやめそうになった…が頑張って最後まで読破!!

    もともと村上龍の作品ってどれも読むのにすごい労力がいる。正面から向き合わないと伝わってこないから。ただ1文1文噛んで飲み込みながら読むと頭の中にうわぁー!!って世界が広がってきて抜け出せなくなる。
    「半島を出よ」も例外ではない。特に過激なシーン、見たことないはずの銃撃シーンなんかが鮮明に浮かぶ。鳥肌が立ちもう止めて!!って叫びそうになるけど、目は文字を追うことをやめれず体が場面に引きずりこまれてしまう…

    村上龍おそるべし。

    2010/10

  • 大恐慌で地獄絵図となりつつある日本に某国が攻め込んできたらというお話。
    緻密に練り上げられた電撃作戦により、完全に陥落した博多。

    某国の占領体制が完成したかに思えたそのとき、それを阻止したのは、社会からはじき出された不適格者集団だった・・・・。

    村上龍の小説って、どんどんディテールの緻密さが増してて感心する。このお話もリアルすぎて、現実との区別つかなくなってくるほど。

    この辺、リアルすぎて気持ち悪くなるから、村上龍の小説って万人受けする人気が出ないのかなぁと思うこともある。

    とくに、村上龍のこの辺の小説は、社会的弱者を執拗なまでに描写するから、それが一部の人を不快にさせるところがある。

    これは、アマゾンの書評みてるとすごく実感できるところ。
    「おまえはなに上目線で書いてんだよ!!」
    と、ついプリプリして、生理的に全否定してしまうのだろう。

    余談だけど、「ヨサコイ踊り」への冷酷なまでの批判(画一的で創造性ゼロなど)は、どの小説にも、ちょこちょこ出てきてる。「あっ、また出てる」とか思って笑ってしまう。

    日本って、社会的強者と弱者の差異をあいまいにして成立してきたところがあるとおもうけど、その辺をずいぶん前からえぐってきた人だからねぇ。

    最近の経済状況でこの人の小説を嫌でも思い出してしまうのは、そうしたきれいごとで、曖昧にされてきた資本主義の本質が、現実にあぶりだされてきたからなのかもしれない。

    高城剛(エリカの旦那ね)も昔、村上龍の小説に出てくる、既存秩序がぶっ壊れて無法地帯になっている状態にカタルシスを覚えると書いてたけど。ほんとにそうだなと思う。

    だけど、ほんとにぶっ壊れてみると、なかなかスリリングだがね。

  • 春樹より龍の方が断然いいと思うのは私だけだろうか

  • 2019.7.2読了

    話の内容は面白いと思うが、書いてある事が難しすぎて、なかなか読み進める事が難しい…

    ただただ北朝鮮が恐ろしい。
    現実の彼らはどうなのだろうか

    本の中と現実が混沌としている

  • ここまでいろんな面を入れて、しかもディテールを書き込めるのがすごい。閣僚に対してイシハラグループの個性とか。遠征軍兵士は出生で個性付け。

    もっと伏線があるかと思った。最初のは昭和歌謡大全集からのつなぎだけだったのか。
    爆破は治安維持側も占拠側も想定しそう。初動でも政府は武装解除を要求するだろう。反乱軍だろうが難民だろうが亡命者だろうが。911以降に書かれてるので、武装解除に応じないならテロリスト指定、というのも当然あるはず。
    九州弁とくくるが、福岡弁以外も言葉遣いも気になったが福岡以南の人も混ざってるという描写だった?

  • 感想は下巻で

  • 北朝鮮の武装コマンドに占拠された九州。日本の政府の情けなさと、日本国民の削がれた防衛本能が実にリアルに描かれる一方、村上氏特有の殺伐とした非現実的な人物描写に寝る間も惜しんで読んでしまった。
    特に、日本人からすれば想像を絶する非情な訓練を受けた北朝鮮の兵士たちと、村上ワールドの猟奇的な少年たちが対峙するということで、一体どんな戦いになるのだろうと、待ち望んだのだが、上巻では、少年たちは動き出さんのかい!と、読み終わってから突っ込んでしまった。
    しかし、北朝鮮はとても他国における北朝鮮の情報に敏感で、テレビなどで北朝鮮が取り上げられると諜報部が必ず目を通していると聞いた。この小説もきっと読んでいるはずで、真似されたらどうしようとひやひやしてしまう。

  • 3.5
    経済的に弱くなった2011年の日本が舞台。国際的孤立を含める日本に北朝鮮の反乱軍として特殊部隊が福岡に攻め占拠した。ハングリー精神なり日本の危機感のなさが如実に描かれる。一方で、北朝鮮の兵士はよく訓練され、よく考えられた発言など対照的。銀行の名簿を強引に入手し、金持ちの不正を無理やり暴き拷問による自白に基づき財産を没収して資金にするなどやり口もなかなか興味深い。スリョンを使った融和政策もよく考えられている。拷問の部分も戦時中のような描写でなかなか壮絶。全てが紐づいた住民票コードの危うさも出てくる。

  • 巻頭に記載の登場人物のあまりの多さに尻込みし、積読こと3年…。
    気合いを入れて読み始めてみたら、意外にスンナリと人間関係も整理出来て、グイグイ読めました。

  • 2018/5/2

    北朝鮮が福岡を占領し、日本から独立させるという物語。
    けっこうグロいシーンがリアル。
    けど、素人集団のところで、どうも読む気がなくなった。

  • 前から気になってた本。表紙をデザインした人を追いかけた番組があって、そこでこの本を知った。もう何年も前の事だけどね。

    んー、ダラダラ長い。でも、無さそうで有りそうな?少しリアリティがある。最後のドンパチだけ良かったな。下巻に上手く続けたと思う。このドンパチが無ければ読むのやめてたわ。まぁイシハラ軍団が気になるけどね。

    しかし北朝鮮の軍隊が素晴らしく、日本人がダメダメに書かれてあるのが納得出来ない。北朝鮮の軍隊ってそんなにスゴいのかな?とりあえず下巻に続いてみる。

  • 完全にはまってある書店の村上龍コーナーで手に取った一冊。小説だけど内容はもはやバトル漫画でブーメランとか爆弾とか強靭な兵士とか男心をくすぐられた。でも登場するのは物理的に戦う人ばかりでなく、政府の人間や記者もそれぞれ重要な役割を担っている。同著者の「5分後の世界」では強い日本、強い日本人がすごく印象的だったけど、本作では日本国の弱さや民主主義慣れした日本国民の弱さを象徴する表現が多くて、もちろん戦争がないことに越したことはないけれど平和であるがゆえに生じている弊害もあるような気がした。やっぱりきつい描写もやっぱりあったけど、著者の視点、考え、文面は好きでやめられない。下巻にも期待。

  • 上下巻とも読了。
    あまりにも強烈かつ鮮烈な物語でもあったため、途中で、頭の中にイメージが残りすぎて、現実に浸食するところもあって困るほどだった。
    今、北朝鮮との関係性が複雑でもあり、さらに複雑な思いで読んだ。フィクションではあるけれど、詳細に構築されている世界は、ある一面において、日本と北朝鮮の違い、北朝鮮という国そのものの本質について知る機会にもなった気がする。日本政府に関しては、もし、実際に似たようなことが起こったら、こんな程度なのではないか。そこが一番、苦々しい。
    次々に代わる語り部の人物も、それぞれに思いがあり、言い分があり、背景(過去)があり、人生がある。思い入れに度合いはあるが、どの人も嫌いにはなれない。
    でも、主人公は「イシハラグループ」だろう。
    どのメンバーもクセがあり、「集団」からはみ出してしまう者たちの言動・行動は、時に滑稽でもありつつ、どこまでも真面目で、真剣。彼らが一つの目的を持った時、物語が大きく動き出す。
    壮大な物語、圧倒的なイメージと疾走感、人物造形、多様な人間の本質、罪と罰、正義と道徳…。
    世界を壊し、救えるのは、結局、走り出せる者だけなのだ。

    やはり、村上春樹よりも、村上龍のほうが、圧倒的に好きだなあ…。

  • 面白いです。下巻でどうなるかな?

全290件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1952年長崎県生まれ。76年に『限りなく透明に近いブルー』(第75回芥川賞受賞)でデビュー。2003年には、514の職業を紹介した『13歳のハローワーク』が125万部を超えるベストセラーに。財政破綻した近未来日本を舞台にした『半島を出よ』(05年)では野間文芸賞を受賞。10年には『歌うクジラ』(毎日芸術賞)を電子書籍として刊行。 近著に『55歳からのハローライフ』、『オールドテロリスト』などがある。16年に『日本の伝統行事 Japanese Traditional Events』を刊行。

「2018年 『収録を終えて、こんなことを考えた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

半島を出よ (上) 単行本 半島を出よ (上) 村上龍

村上龍の作品

半島を出よ〈上〉 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする