65 (幻冬舎文庫)

  • 幻冬舎
3.17
  • (0)
  • (4)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410183

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 乙武さんと日野原さんの対談。
    タイトルの「65」は、お二人の歳の差のようですが、内容にはその差はまったく感じられない。
    テーマは多岐にわたり、教育、コミュニケーション、生き方、障害、死など、盛りだくさんです。
    一つだけ、もうちょっとテーマごとに話をまとめておけば読みやすいのに、と思いました。
    読みやすいので、このお二人が好きな人は読んでみてください。

  • 日野原先生と乙武さんの対談の本。御二方とも心を開いて語っていらっしゃるので、僕も素直な気持ちで読むことができました。全く異なる領域の二人が、どのように接点を見つけて歩み寄り、一つの作品に仕上げられているのかなど、参考になりました。内容も学べることは少なくないと思います。日野原先生が御存命のうちに、一度だけでもぜひお目に掛かりたいと思いました。

  • お二人の経験を通した人生哲学。対談形式ですらすらと読めました。
    目新しいことはないけれど、お二人から発せられた言葉は重みがありました。

  • 日野原さん、京大やったんや〜
    40前、アメリカ留学中が自分にとっての青春でした
    忙しい人ほど普段の場所を離れてワークショップ
    休学ではないギャップイヤー
    日本のスポーツ選手は大型連休あり、メジャーリーガーは休まない

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

乙武洋匡
おとたけひろただ
1976年、東京都生まれ。
1998年、大学在学中に上梓した『五体不満足』は600万部のベストセラーに。
2000年3月に早稲田大学政経学部卒業後、スポーツライター、小学校教諭などを勤める。
おもな著作に、『だいじょうぶ3組』『自分を愛する力』など。


「2018年 『車輪の上』 で使われていた紹介文から引用しています。」

乙武洋匡の作品

ツイートする