愛するということ (幻冬舎文庫)

著者 : 小池真理子
  • 幻冬舎 (2007年12月1日発売)
3.28
  • (13)
  • (33)
  • (58)
  • (13)
  • (6)
  • 本棚登録 :319
  • レビュー :33
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410510

愛するということ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 薄くもないし濃くもない、ということは薄っぺらという感じはしなかったということかな。
    描かれているのは人たちが一般的な人かどうかは別にして描かれている感情に関しては生々しいものがあったかな。ありふれたことなのかもだけど、こんな風に書かれると無視しにくいというか。『愛するということ』について多くの人が通る気持ちがよくまとまっていると思う。

  • 小池真理子さんの小説が好き。
    ませた女の子が年上男性を好きになって、夢中になって、自分を無くして、捨てられて、
    こじらせた憧れを含めて、むっとする色気を感じて、うっとりしてしまう。

  • 生々しい表現が苦手なので、そこは私には合わなかった。
    でも、ここまで人を好きになることって、一生に一度あるかないかだと思う。

    以前の自分の体験を思い出した。
    本当に好きなのか、執着しすぎて好きだと思い込んでいるのか。
    恐らくこのような気持ちになることはもうないでしょう。

  • なんだかなあ・・

  • ひとりの男(野呂)をいつまでも忘れられず、その男との付き合いを忘れないために新しい男と寝る女性の話。
    最終的には野呂を忘れられるところまでいくのだが、一本まるまる野呂のことを忘れられないって話になっているのがある意味すごいと思った。

  • 不倫の話。

    「感傷もほどほどにしろ。地獄の底から這い上がってでも生き抜いていこうとしている時に、いつも俺たちを邪魔してかかるのは感傷なんだ。それだけは忘れるな。」

    「一回、書いてしまったものはさ、消しゴムで消そうったって、だめなんだよ。消えないんだよ。」

    「怒って怒って、怒りまくれ。少女じみた感傷に耽って、くだらない涙にくれそうになったら、まず怒るんだ。」

    そんな登場人物の言葉が心に残った。

  • 公園でしゃれた古本とファーストフードを売る店のオーナー(元産婦人科医)とそこで働く20代の女性との物語。2人はつきあいこの時間は永遠に続くと思われるが、男が年上の女性と付き合いはじめ別れる。2人が外国に旅立っても彼を思い出し、そのことを中心に日々の生活を続ける女性。そこに年上の太った料理の得意な男性が現れる。反発しあいながらも気持ちが傾きはじめ、別れた男性一筋だった気持ちがほぐれていく。

  • 微妙な立場に経たされた主人公
    自分の信念を貫こうとしていく。
    全く別の人生訓を吐く男。
    結末は,戦友意識の芽生えかもしれない。

  • タイトルそのまま…恋愛感がたっぷり詰まった作品です。

    主人公の恋愛は不倫なんですけど、“愛する”という気持ちは恋愛する人みんなおんなしですからね。
    ものすごく共感できる部分が多くて、完全に感情移入してました。。

    愛する人との出会い、愛する予感、愛される喜び、失う悲しみ、絶望・・・感情移入し過ぎて、なんだかおかしくなりそうでした。

    不思議だったのは、別れが訪れたときの自然な感じ…なんなんでしょね。
    相手が離れていくことが自然な流れのように感じて、それが逆に怖くなりました。。

    自分に対して愛したように、誰かを愛することがあるわけじゃないですか??
    そのとき自分はもう必要な存在じゃなくなって、相手の中から消えていく・・・それってものすごく恐ろしいことですよね。。


    相手から全く愛されてないことがわかっていて、しかも相手には愛する人がいて、なのに相手を愛することをどうしてもやめられない


    そんな状況になったら…どうするんだろ。。
    愛することは、幸せなだけじゃない、、、ですね。

  • 恋愛小説を読みたいなあ、と思いながら図書館で借りた本です。
    恋愛小説家をあまり知らなくて、以前読んだ「恋」という本のインパクトから、ついついいつも小池真理子を手にとってしまいます・・・

    主人公が彼と出会って愛し合い、別れ、嫉妬し、絶望し、そして再生するまでを描いた本です。
    大恋愛や大失恋の経験もなく、あまり恋愛に苦労をしたことがなかったせい?か共感!という気持ちにはなれなかったけど、彼が彼女を愛したことを後悔していないところはほっとしました。

全33件中 1 - 10件を表示

愛するということ (幻冬舎文庫)のその他の作品

愛するということ 単行本 愛するということ 小池真理子

小池真理子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

愛するということ (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする