愛するということ (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.25
  • (13)
  • (34)
  • (61)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 349
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ひとつの恋が始まって、
    終わらせようとする時に
    生まれる苦しみが
    とてもリアルに、
    いきいきと描かれていて
    読んでいて息がつまるほど。

    本当に人を好きになると、
    こんなにも苦しく、
    それこそが生きているということなのだ、
    と、ひしひしと感じさせられる。

    再生への過程もとてもリアルで
    人の感情、感傷が
    苦しい中で小さな光を
    ゆっくりと見つけていくようで
    読むよりも感じるような
    小説だった。

  • 薄くもないし濃くもない、ということは薄っぺらという感じはしなかったということかな。
    描かれているのは人たちが一般的な人かどうかは別にして描かれている感情に関しては生々しいものがあったかな。ありふれたことなのかもだけど、こんな風に書かれると無視しにくいというか。『愛するということ』について多くの人が通る気持ちがよくまとまっていると思う。

  • 公園でしゃれた古本とファーストフードを売る店のオーナー(元産婦人科医)とそこで働く20代の女性との物語。2人はつきあいこの時間は永遠に続くと思われるが、男が年上の女性と付き合いはじめ別れる。2人が外国に旅立っても彼を思い出し、そのことを中心に日々の生活を続ける女性。そこに年上の太った料理の得意な男性が現れる。反発しあいながらも気持ちが傾きはじめ、別れた男性一筋だった気持ちがほぐれていく。

  • タイトルそのまま…恋愛感がたっぷり詰まった作品です。

    主人公の恋愛は不倫なんですけど、“愛する”という気持ちは恋愛する人みんなおんなしですからね。
    ものすごく共感できる部分が多くて、完全に感情移入してました。。

    愛する人との出会い、愛する予感、愛される喜び、失う悲しみ、絶望・・・感情移入し過ぎて、なんだかおかしくなりそうでした。

    不思議だったのは、別れが訪れたときの自然な感じ…なんなんでしょね。
    相手が離れていくことが自然な流れのように感じて、それが逆に怖くなりました。。

    自分に対して愛したように、誰かを愛することがあるわけじゃないですか??
    そのとき自分はもう必要な存在じゃなくなって、相手の中から消えていく・・・それってものすごく恐ろしいことですよね。。


    相手から全く愛されてないことがわかっていて、しかも相手には愛する人がいて、なのに相手を愛することをどうしてもやめられない


    そんな状況になったら…どうするんだろ。。
    愛することは、幸せなだけじゃない、、、ですね。

  • 主人公が少し自分に似ていた。失恋したときにまた読みたいな。得ることが多かった本。

  • 純粋に恋がしたくなる本。
    現実にこの男と出会ってしまったら、自分自身この主人公と同じ末路をたどるのではないかと思ってしまった。
    小池氏の作品にしてはスラスラ読める本。

  • 小池真理子はどうやら好きみたい。 恋愛を味わいつくす余裕がありつつ溺れない姿勢がいいのかも。

  • <font size="1">考えさせられました。
    恋愛と性愛のうんぬんについて。
    私の最近の悩みだったので。
    でも解決はしなかったけど。
    でも主人公は恵まれてると思います。
    自分の気持ち解ってくれて
    それをぶつけられる男がいるんだから。</font>

著者プロフィール

小池真理子(こいけ まりこ)
1952年東京都生まれの作家。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に、『二重生活』『無伴奏』『千日のマリア』『モンローが死んだ日』などがある。
2019年1月6日から、『モンローが死んだ日』がNHK BSプレミアムでドラマ化。主演は鈴木京香、草刈正雄。

愛するということ (幻冬舎文庫)のその他の作品

愛するということ 単行本 愛するということ 小池真理子

小池真理子の作品

ツイートする