愛するということ (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.25
  • (13)
  • (34)
  • (61)
  • (14)
  • (7)
本棚登録 : 349
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小池真理子さんの小説が好き。
    ませた女の子が年上男性を好きになって、夢中になって、自分を無くして、捨てられて、
    こじらせた憧れを含めて、むっとする色気を感じて、うっとりしてしまう。

  • 微妙な立場に経たされた主人公
    自分の信念を貫こうとしていく。
    全く別の人生訓を吐く男。
    結末は,戦友意識の芽生えかもしれない。

  • 一日で夢中になり読破してしまった。
    今の状況にぴったりはまっていて、心の隙間が多少うまったような気持ちになり、涙がとまらなかった。甘くセツナイ、でもためになる本。

  • 2週目読了。

    「人は人を愛するとき、いつもどこかで本当の自分、飾り気のない自分をさらけ出してしまうのだろう。相手に見せたい自分、こんなふうにみてもらいと願う自分は、実は常に、中身のない、実体のない、ただの抜け殻にすぎないのだ。」

    「もう全然愛されてなんかいない、ってわかってるのに、わたしは彼を愛することをやめられないんだ」

    「悲しみは乗り越えるもんじゃないさ」「埋めるもんなんだ」
    「そこに悲しみがあった、なんてことすら忘れるほど深くね、埋めちまう。そういうことが出来るようになれば、一人前だ」


    柿村が、絶妙なポジション。

    野呂みたいな男には、こっちからハマったらダメだろー
    マヤの心情が手に取るようにわかる。

    でも今は、そんな気持ちは、誰に対しても、ないとおもう。
    誰に対しての気持ちかわからないだけなのかもしれないけど。

    小池真理子スキー

  • エッセイなのかと思ったら、小説でした。
    エーリッヒ・フロムの評論と同名。でも内容は人を愛して、別れて、その後どうやって立ち直るかが描かれてる。立ち直るために必要な男として登場する、愛だの恋だの感情や情緒は人生に必要なものではないと言い切るおじさんが魅力的だった。

  • 恋愛小説は読まないけど、これは好き。照れる(笑)

著者プロフィール

小池真理子(こいけ まりこ)
1952年東京都生まれの作家。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の女友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、98年『欲望』で島清恋愛文学賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨文部科学大臣賞、13年『沈黙のひと』で吉川英治文学賞を受賞。その他の著書に、『二重生活』『無伴奏』『千日のマリア』『モンローが死んだ日』などがある。
2019年1月6日から、『モンローが死んだ日』がNHK BSプレミアムでドラマ化。主演は鈴木京香、草刈正雄。

愛するということ (幻冬舎文庫)のその他の作品

愛するということ 単行本 愛するということ 小池真理子

小池真理子の作品

ツイートする