捌き屋―企業交渉人 鶴谷康 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.44
  • (1)
  • (12)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 78
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410589

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あの、物凄い自信になにか物凄い裏があるんだろうか?とちょっとワクワクしすぎてしまったので、意外と当初の予想通りな感じでそこは残念だった。途中でちょっと誰が誰だかわかんなくなった。

  • 企業間のトラブルを裏で解決する一匹狼の交渉人。
    “捌き屋”鶴谷康の活躍を描くシリーズ。内容的にとっつきにくいかと思いきや、やはり浜田文人さんの小説でした。話は当然面白いし、登場人物たちがキャラが立っててかっこいい!! 早速続編も読みたくなりました。

  • 我慢しながら半分まで読んだが限界・・・今回はハズレ。浜田文人の本なら面白いだろう!とシリーズ三冊をまとめ買いしたが失敗。大阪弁がキライなのと話が複雑すぎるのと、男臭すぎすぎるのと、私には合わなかった。他の著書はかなり好きなんだけどな。

  • 主人公の鶴谷 康、幼馴染のヤクザ白岩等登場人物に個性があり展開が速く読みやすい。お金を惜しげもなく使い、有効に活用するところは面白い。

  • 厳密には違うがインテリヤクザものだと思う。ストーリー展開は悪くないけど、登場人物が多くてややこしい。あと最後のオチっぽい展開は微妙・・・。

  • かなり男臭い。気負いすぎといってもいいぐらい突っ張っている。だからこそイイ。小説はこうでなくてはいけません。鶴谷康(つるたにこう)はシリーズにするだけの魅力のあるキャラクターだ。続編も読みたい。

  • 読書完了日2009年09月28日。☆3.5ぐらい。

  • 2008年88冊目

  • 企業間のトラブル処理を請け負う「捌き屋」の話。

    設定は好きだったのですが、中身を少しでも読んでから購入すべきでした。

  • 自宅で巨鯉を飼っている主人公。マンションなのに…。大阪弁が鼻につく。

全10件中 1 - 10件を表示

捌き屋―企業交渉人 鶴谷康 (幻冬舎文庫)のその他の作品

浜田文人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする