四十九日―突然、息子が逝ってしまった (幻冬舎文庫)

著者 : 蔭山昌弘
  • 幻冬舎 (2008年2月発売)
4.40
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :11
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344410787

四十九日―突然、息子が逝ってしまった (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 私は教師として蔭山先生を尊敬して目指しています。

  • 愛するものの突然の死。この苦しみは直面した人でなければわかりませんし、他人にはどう慰めたらいいのか言葉もありません。でも人は生きていかねばならないのです。(でもね、あの人が死んだのになぜ朝日が昇るんだろうって本当に思うものなのです。地球上で毎日何人生まれて亡くなっているのか考えたら、この世は闇になってしまうのにね。)涙なしには読めませんが、カウンセリングマインドのある著者と生と死について考えることが出来るかもしれません。

全3件中 1 - 3件を表示

蔭山昌弘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

四十九日―突然、息子が逝ってしまった (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする