クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.04
  • (13)
  • (72)
  • (142)
  • (55)
  • (15)
本棚登録 : 714
レビュー : 70
  • Amazon.co.jp ・本 (378ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2021年1月7日読了。

    星は3.5

    下品な言葉が満載の小説。
    映像化はまず無理。

    「信長の原理」や「室町無頼」から垣根涼介を読んだ人は驚くほどのふり幅。

    猥雑で、音読なんて絶対できないないようだが、ページが進むストーリーの面白さはさすがと言わざるおえない。

  • エグい表記が多いけど、どう人生や周りと向き合って楽しむべきか、を考えさせられる本。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    旅行会社に勤め、ありふれた日常への疑問を抱えて日々を送る坂脇恭一27歳。冴えない中年ヤクザと同棲し、美人局の片棒をかつぐ元OL田所圭子23歳。ある時、圭子が恭一の同僚をカモろうとしたことから、二人は出会い、絶望の底なし沼へと転がり堕ちていく。揺れる心、立ち塞がる枠―やがて、境界線を跳び越えて走り出した二人が掴んだ自由とは。

  • あっという間に読んだ

  • どこか静かに壊れた思考回路の主人公、
    堕ちる生き方にしかだどりつけなかった娼婦との出会い。
    僕自身はもちろん主人公のような暴力に縁はないですが、
    なにか現代社会にはらんだ狂気、
    どんどん歪んでいく世界観に共感を覚える不思議な作品でした。

  • 性と暴力、日常に潜む非日常、スカッとするピカレスク小説、嫌いじゃないです。奥田英朗の「ナオミとカナコ」と同じぐらい読後の気分がいい。

  • 単なるエロバイオレンス小説。
    なんでもありの暴力性が記憶に残る嫌な後味。

  • フレームよりもっとしっくりくる言葉があったのではと感じる。

  • 「自分の中の獣」を認識する小説が読みたくなる時がある。ハードボイルド小説だったり、クライム小説だったり。「自分が犯罪を犯しちゃったらどうしよう。」そんなことを考えてしまって現実逃避できる、そんな作品です。

  • 2回目。なんで自分って!ネガティブに!自信ないし嫌なことに逃げてるからやな。本書みたいに正面からぶつかっていかないとだめなのかな。

全70件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年長崎県生まれ。筑波大学卒業。2000年『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。04年『ワイルド・ソウル』で、大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞の史上初となる3冠受賞。その後も05年『君たちに明日はない』で山本周五郎賞、16年『室町無頼』で「本屋が選ぶ時代小説大賞」を受賞。その他の著書に『ヒート アイランド』『ギャングスター・レッスン』『サウダージ』『クレイジーヘヴン』『ゆりかごで眠れ』『真夏の島に咲く花は』『光秀の定理』などがある。

「2020年 『信長の原理 下』 で使われていた紹介文から引用しています。」

垣根涼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

クレイジーヘヴン (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×