南九州温泉めぐりといろいろ体験 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
2.88
  • (1)
  • (7)
  • (23)
  • (6)
  • (4)
  • 本棚登録 :98
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (306ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411678

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 作者がサバサバした性格なんだなーというのは分かった( ̄□ ̄;)
    南九州については知識が増えました。

  • この人の旅行記はほんと飾らないなあ。嫌だと感じたことも正直に書いちゃうし。旅行記っぽくない。旅行記じゃないのかもしれない。でもこの感じが好き。ゆる~く読めちゃいます。

  • 銀色さんが好きなので読んでみる。
    南九州の温泉に興味がないので、ほとんど楽しめず。
    たまに同行者のくるみちゃん(小学校の同級生)との
    ちょっとした話が出てきてそれが面白かったので
    その部分を選んで読んだ。

    九州に住んでいる人で銀色さんが好きな人が読むと
    良いかも。

  • 写真と文章の照らし合わせが大変だったけど、楽しく読みました。

  • 屋久島の方が面白かったかなぁ。作者もお詫びっぽく書いていたが写真と文章をいったりきたり、ちょっと難しい。

  • すみません。。つまらなくて読みきれませんでした。。。

  • 宮崎に住んでる著者が、近くの温泉をめぐったり、山登りをしたりっていう体験をつづってます。ひなびた隠れ湯っぽい湯治場とかが多い感じ。なんだか・・・・・・楽しそうには思えなかった。行きたいとも思わないし。温泉が好きな人は惹かれるんだろうか。どうも……むかしの「つれづれノート」と比べてしまうと、最近の銀色夏生のエッセイは楽しくないような気がする。一緒に温泉に出かけている友人との会話はけっこう人生相談的な?深い話もあってちょっとおもしろかったり。

全8件中 1 - 8件を表示

南九州温泉めぐりといろいろ体験 (幻冬舎文庫)のその他の作品

銀色夏生の作品

南九州温泉めぐりといろいろ体験 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする