私を見つけて (幻冬舎文庫)

著者 : 小手鞠るい
  • 幻冬舎 (2008年8月発売)
3.06
  • (0)
  • (9)
  • (20)
  • (7)
  • (0)
  • 本棚登録 :95
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (321ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344411692

私を見つけて (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  アメリカ国籍の男性を好きになった話(短編集)。女性はすべて日本人。
     文化の違いや言語の違いによる伝わりにくいニュアンスから起こること、
    芽生えることがうまく描かれている。
     分かり合えない文化の違いは平行線で、そうなると心も通い合うことが難しくなるのだろうと思う。
     同じ国で生まれ育っても、生活のなかで”当たり前”とすることが違う。
    いくつもそんなことが起きて性格の不一致という理由で別れるカップルも少なくない。そう思うと国境を越えての結婚は、続いていくことが奇蹟に近いとさえ思えてくる。
     けれど原点に戻って考えると、人と人との気持ちの行き交いで、
    知らないうちに生まれる気持ちに国の違いなんて関係ないだろう。
     相手を尊重し、自分本位にならず、お互いで育みながらの時間は
    自然にふたりの間にあるものをゆるぎないものにしていくのかもしれない。

  • いろいろあっても最後は自分らしさを生きていく女性目線の物語。後半2話がなんかジンワリ。

  • 小手鞠 るいさんの本初めて読みました。
    異国での国際結婚を垣間見れて、楽しく読めた。
    生活習慣の違い以前に、考え方の違いの大きさにも
    驚かされつつ、入り込んで読めました。

  • 日本人女性+アメリカ国籍男性、
    という5組のカップルたちの短編集。
    「私を見つけて」という物語はなくて、
    5つの短編集も以っての表題となっている。
    どのお話も「愛に国境はない」というコンセプトなのだろうけど、
    お国が違えば文化や生活が大きく違うし、
    そんな簡単にはいかないという持論が私にはあるので、
    それほど共感はできなかった。
    しかし、それを克服できる愛があるということも認めているので、
    とりあえずの★3つ。(笑)

  • ダメ子とダメ男の物語

    この人が書く本は結構ダメンズだから、ダメだなぁ、ダメだなぁ、これをこんなとこで共感してる私もダメだなぁ、って思いながらだらだら読むんですけど、

    でも一番最後の話が、ダメなりに女一人でちゃんと立っていたので、後味はまあまあ良かった。


    ″言葉にして相手に伝えることができる、ということは、それはあなたがそのことをちゃんと、うまく、乗り越えている証拠だと思うから″(p126)に後押しされて、ずっと言えなかった悲しかったことを一個、今日家族に言えた。


    あと絶対この人、京都の本屋でなんかあったでしょ。そこの描写だけやけにロマンチック。笑

  • あの場所から、ずいぶん遠くまできてしまった。


    5編から成る短編集。すべて、日本人の女性とアメリカ人の男性の話。

    小手鞠さんの作品は、恋愛観が凄くすきだったんだけど、年を重ねてから読むとそうでもない。
    長編の方が私の好みに合う。
    この短編集も、相変わらず柔らかい言葉でつづられてはいるけど、なんとなく違和感を感じてしまう。

  • 8/7 やっと読了。サラサラと読める内容ではなかったけど、切なかった。

  • 国際結婚とかでアメリカに住むことになった女性5人の短編集。
    どの、話も強い女性が主人公。
    国際結婚をしたから生まれる文化の違いってよりも男女の心の中のちょっとした食い違いに感じたのはアタシだけかなぁ?
    国際結婚じゃなくても育ってきた環境で生まれる違いなんて山ほどあるもの( ´艸`)
    そんな中で「願いごと」と「ハドソン河を渡る風」は優しい気持ちになれる話やったなぁ♪

    ☆愛が買えるなら
    ☆アイ・ラブ・ユーの意味
    ☆願いごと
    ☆出口のない森
    ☆ハドソン河を渡る風

  • アメリカの風を感じる短編集。うまくいかなかった結婚や気持ちのすれ違いなど、重めの話が多い。彼女の文体は好きだし、アメリカの空気感も好きだけど、暗い話が苦手なので星三つ。もちろん暗いだけではなく、どのお話も最後には女性が強く、凛と、前を向いているところは好感が持てる。

  • 重複

全15件中 1 - 10件を表示

私を見つけて (幻冬舎文庫)のその他の作品

私を見つけて (幻冬舎文庫) Kindle版 私を見つけて (幻冬舎文庫) 小手鞠るい

小手鞠るいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

私を見つけて (幻冬舎文庫)はこんな本です

私を見つけて (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする