世間の辻―公事宿事件書留帳〈14〉 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.72
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344412071

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • L 公事宿事件書留帳14

    いつも、どこか現代にも通じる社会問題に触れる鯉屋や菊太郎。世間の辻は介護問題。
    双子の片割れの話はよくあるな。

  • 時代背景を見事に表現されますよね。

  • 11/6-11/10
    絶品だ!
    短編の集まりだけど、一つ一つが
    読者の気持ちを揺り動かしてくれる。

    号泣はしないけど、
    涙がにじむ。
    お喜びはしないけど、
    「やった」と共感できる。

  • 2008/10/14読了

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1946年愛知県生まれ。愛知県立女子大学(現・愛知県立大学)文学部卒。75年「石女」で第24回小説現代新人賞、82年『陸奥甲冑記』『寂野』で第3回吉川英治文学新人賞を受賞。古代から近世を舞台に、資料を駆使した独自の視点による歴史小説を執筆。

「2017年 『似非遍路 高瀬川女船歌九』 で使われていた紹介文から引用しています。」

世間の辻―公事宿事件書留帳〈14〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

澤田ふじ子の作品

ツイートする