ロンリー・ハート〈上〉 (幻冬舎文庫)

著者 : 久間十義
  • 幻冬舎 (2008年10月発売)
2.76
  • (1)
  • (3)
  • (10)
  • (4)
  • (3)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344412132

ロンリー・ハート〈上〉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 自意識は格好悪い。女にはわからない。

  • この警察小説がスゴい!
    とタイトル帯にあり、いつもの駅中書店には手書きPOPまでついていたので、思わず上下まとめて購入してしまった。

    内容は、どうもどこかで読んだことがあるような設定だと思ったら、1ヶ月ほど前に読んだ、東野圭吾の「さまよう刃」に非常によく似た設定になっていた。

    どうも足立区周辺は悪いやつらのたまり場のイメージがあるようで、さまよう刃でも、今回のロンリー・ハートでも、不良3人組(うち一人は気弱なやつ、一人は凶暴なやつ、もう一人は迎合的なやつ という設定も非常に似ている)が、車を使って女子学生を次々誘拐してレイプするといういやーな展開。

    こちらでは下巻に続くとなっているが、どちらも被害者の父親が、犯人を最後は痛めつける(ような気がする)展開に。

    東武伊勢崎線沿線に住む私としては、この沿線の東京寄りが、ガラが悪い男の子たちの発生場所になっているような小説を立て続けに読んでしまうと、年頃の娘を電車に乗せたくなくなってしまう。

    本編に話を戻せば、この著者はかなり無理をしている感がある。

    一生懸命若者の流行を調べて、服のブランドやドラッグのこと、若者たちの言葉などを集めたのだろうが、こんな言い回しいまどきしないんじゃない!?という表現が、しばしば出てくることで、とても違和感を感じる。

    「おためごかし」なんていう表現は、若者の間どころか、私の年代でも使う人はそうはいないような気がするが、私のボキャブラリーが少ないだけだろうか・・・?

    何はともあれ、これから下巻に入り話は佳境に進んでいくことだろう。

  • 二元中継のようなタッチで意外性を盛り上げるには良い手法であり、この作品はその点で成功している。
    しかし、二元が最終的に一本化してストーリーが交錯した後の展開で意外性はなく、上下巻を頑張って読んだ後の徒労感が残った。
    警察小説という観点からも、どちらかというと、スリラーに分類されるように感じる。警察組織の矛盾や理想と現実のギャップに苦しむ組織の成員を深く書いてもらいたかった。

  • 警察が舞台の小説
    高校生による連続レイプ事件、中国人経営のスーパー強盗、二つの事件が同時に進む

    後半この二つの事件がどう絡まりあって進むのか?
    また絢子の運命はどうなるのか?

    早く続き読まなくちゃ

  • 少年達による車の中へ女性を引きずりこみの連続レイプ事件
    を筆頭に中国人系犯罪とキャバクラ強盗で立て続けに事件が起こり
    てんやわんやの綾井北署のお話。連続レイプ事件がも〜〜〜〜ひどくてひどくて腹が立ったり恐怖を感じたり。

  • 女性を車に引きずり込む拉致レイプ事件が連続する綾井北署は、キャバクラ強盗、中国人系犯罪などの凶悪事件をも抱えていた。永倉警部補、拉致事件を担当する松島早紀巡査部長らは疲弊しながら捜査に邁進した。一方、女たちを脅迫、制圧しては弄ぶ付属高の三人組。女優の母親を持つ昌樹以下、裕福な家庭で育つ彼らが求めた新しい獲物とは。



    さてさて、、、
    今後が楽しみですよ。
    後半はドンナ動きが??

  • 刑事モノ・・・かな?誰が主役なのか分からないし、人物造形が中途半端。登場人物に魅力が感じられず、セリフの言い回しも鼻につく。何より、文章がガチャガチャして読みづらい。ということで、かなりナナメ読み。上下巻セットで買ってしまったので、とりあえず下巻も読んではみますが・・・。

全8件中 1 - 8件を表示

ロンリー・ハート〈上〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

ロンリー・ハート(上) Kindle版 ロンリー・ハート(上) 久間十義
ロンリー・ハート〈上〉 単行本 ロンリー・ハート〈上〉 久間十義

久間十義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
堂場 瞬一
堂場 瞬一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする