名画座番外地―「新宿昭和館」傷だらけの盛衰記 (幻冬舎アウトロー文庫)

著者 : 川原テツ
  • 幻冬舎 (2008年12月発売)
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 15人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344412361

作品紹介

三百六十五日のほとんどをヤクザ映画の上映にあてていたワイルドな劇場、新宿昭和館。そこはまさに、アウトロー見本市だった。館内でたき火をする客、額から血を流しながら徘徊する男、スクリーンの中の高倉健に喧嘩を売る酔っぱらい。ここは本当に映画館なのか?惜しまれつつも閉館した伝説的名画座の従業員による、壮絶なる馬鹿騒ぎの記録。第五回幻冬舎アウトロー大賞特別賞受賞。

名画座番外地―「新宿昭和館」傷だらけの盛衰記 (幻冬舎アウトロー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和から平成のはじめにかけて存在した新宿昭和館。いつもヤクザ映画を上映していた古い映画館で、その存在は僕も知っていた。そこで働いていた著者の思い出話。読んで損はないが、期待して読むと、ちょっとはずしてしまうかも。

  • 昭和館で働いていた著者による昭和館にまつわる物語。
    あらゆる意味で強烈なエピソードが多く、ゲラゲラ笑いながら楽しく読めた。

  • やさぐれ、うらぶれ、笑いに涙。
    昭和の新宿風情もサイコ−♪

  • 昭和臭の漂うエピソードとファンキーな人々。
    こういう場所ってどんどんなくなるんだろうなぁ。

全4件中 1 - 4件を表示

名画座番外地―「新宿昭和館」傷だらけの盛衰記 (幻冬舎アウトロー文庫)のその他の作品

川原テツの作品

名画座番外地―「新宿昭和館」傷だらけの盛衰記 (幻冬舎アウトロー文庫)はこんな本です

名画座番外地―「新宿昭和館」傷だらけの盛衰記 (幻冬舎アウトロー文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする