椿と花水木―万次郎の生涯〈上〉 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
4.09
  • (10)
  • (16)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :93
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (538ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344412583

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ジョン万次郎の努力、息子に太平洋の広さ、世界のおおきさを伝えたい。

  • 気力、体力、知力、そして礼の心、義の心。万次郎のポテンシャルに脱帽。
    思春期に実力主義・合理主義のアメリカを体験しながら、階級社会の日本に戻り暮らしたことは、さぞ苦しかったのではないかと思う。
    アメリカで結婚を誓った相手キャサリン。彼女との突然の別れには泣けました…。上下巻のなかで、最も泣けたね。

    【以下、史実のネタバレ】 だがしかし! 後日、万次郎の子孫の方が書いた本を読んだら、キャサリンは海難事故で死亡してなかったらしい…。津本先生、オレの感動を返してくださいw ま、小説ですからね(^o^)

  • ジョン万次郎を今後尊敬する人物に挙げたい。

  • 初めは文字に起こされた土佐弁に違和感があって
    読み進めるのにちょっと苦労したが
    遭難したあたりからは慣れと話の緊迫感もあって
    引きこまれて読み進められた。

    名前だけは知っているが、あまり詳しくは知らなかった
    中浜万次郎氏。
    そんなにも長期間無人島で生きながらえておられたとは知らなかった。
    助けられて異文化に触れ、戸惑うこともありつつも
    キャプテンを父と思い慕う様子が如何にも日本人らしく真面目でもあり
    キャプテンが航海中、留守を男である自分が守ろうとするところが
    頼もしくもあった。

    いよいよ念願叶って航海に出る万次郎。
    続きが気になるところ。

  • 幕末の国際人・ジョン万次郎の生涯。乗り込んだ漁船が遭難し無人島へ漂着。そして外国の捕鯨船に救助される。日本しか知らずの世界から更に大きな世界に投げ出され、異国の地にて人種・文化も異なり言葉も通じない中で、一生懸命に勉強し英語を習得し、それと好奇心の強さと素直で聡明な人柄が認められ多くの外国人と打ち解けていく万次郎。とても素晴らしいと思う。優秀な人だったんですねえ。しかし、日本に帰国したくとも徳川幕府の異国船打払令でしたか鎖国体制のため近づくことさえできない。後半どうなるのでしょうか。

  • 土佐で貧しい暮らしをしていた少年万次郎が、漁の途中で遭難、アメリカの捕鯨船に助けられてアメリカでの生活を始め、ふたたびアメリカから捕鯨船の船員として船に乗るまで。
    最初は土佐弁に苦労して読みすすみづらかったけれど、万次郎の素直さ、社交性、努力、明るさ、活き活きと適応していくさまにわくわくする。

  • 異国で前向きに生きるたくましさ

  • ジョン万次郎の生涯をたどった伝記的小説。上巻は万次郎および中ノ浜村の漁師らが無人島に漂着しアメリカの捕鯨船に助けられ、万次郎のみアメリカに渡航、教育を受け捕鯨船での初航海を経験するところまでが描かれている。表題にある椿と花水木は万次郎が妻のキャサリンともうけた子どもに付ける予定でいた植物の名(男の子ならドッグウッド、女の子ならカミーリア)にちなんでいる。この作家の長編小説は初めて読むが、かなり読みやすい。

全9件中 1 - 9件を表示

椿と花水木―万次郎の生涯〈上〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

津本陽の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
司馬 遼太郎
三浦 しをん
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

椿と花水木―万次郎の生涯〈上〉 (幻冬舎文庫)はこんな本です

椿と花水木―万次郎の生涯〈上〉 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする