部下を活かす上司、殺す上司―組織力UPの最強指導術 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344412859

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いい意味でも悪い意味でも、銀行って特殊な世界だと思う。
    こういう価値観で生きている人々もいる、ということがわかる本。
    目隠しされた競馬の馬のような印象を受けた。

  • 人の為は「偽」、自分のために動くことが大切

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

江上 剛(えがみ ごう)
1954年、兵庫県生まれの作家、コメンテーター、実業家。本名、小畠晴喜(こはた はるき)。元日本振興銀行取締役兼代表執行役社長。元(旧)みずほ銀行築地支店長。
早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、1977年から2003年まで旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)に勤務。2002年『非情銀行』で作家デビュー。2004年から2010年までは日本振興銀行に関わっていた。 
代表作に『隠蔽指令』、『庶務行員 多加賀主水が許さない』、『ザ・ブラックカンパニー』、『ラストチャンス 再生請負人』など。それぞれドラマ化されている。

部下を活かす上司、殺す上司―組織力UPの最強指導術 (幻冬舎文庫)のその他の作品

江上剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする