博士の異常な健康―文庫増毛版 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.52
  • (5)
  • (8)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 96
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (343ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344413443

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「健康になるためなら死んでもいい」だとバカバカしいと思うだろうが思うだろうが、「痩せるためなら不健康になってもいい」だとよくある話。
     健康に命をかけた水道橋博士の健康にまつわるエッセイ。
     いや、うん。効果あるのかもしれない。プラセボかもしれない。けど、個人的にはここまで何かが必要なほど身体を酷使する芸能界、スポーツ界って大変だなぁと思った。身体を壊してまでほしいものなのだろうが、身体があってこそでもあるよなぁ。

  • 読んだらちょっと欲しくなるなあ

  • 20150515

  • ブックオフで購入、いまいち内容に興味が持てず。

  • さすがに少し古い。言葉遊びが過ぎる。
    でも、試したくなる。断食やってみてぇ。

  • こんな本が2年も前に出ていたとは。しかも文庫! もっと早く気がつくべきだった…。読んでいる途中で、試したくてたまらなくなってくる健康法がズラリ。しかもどれも著者みずから検証済みの、理に適った方法。できれば自分だけが知りたかった…。それにしても水道橋博士は文章がうますぎる。本業は芸人でありながら、達意の文筆家としてわたしのなかで常に五指に入る。

  • まあまあ

  • 今すぐ、今すぐ私にプラセンタを…!プラセンタも加圧もベルトもとても気になりすぐにでも試してみたいが、いかんせんお高い。すべてお高い。庶民には健康すらも高嶺の花。

  • どれも博士自信が体験した話だから、信じていいとおもうんだけど。効果がすごすぎて半信半疑。でも博士のチャレンジぶりを見てたら、ゴチャゴチャ考えず、とりあえず自分で試して、効果があるかやるだけやったらいいじゃん、となんかやる気がおきた。ある意味、前向き思考にさせる本。

  • 健康法というよりは健康商品体験記といった内容。特定の商品名が明示されているため、実践するにはとてもとっつきやすそう。が、ゆえに商売の臭いを感じなくもない。いずれにせよ、「でもやるんだよ!」精神というか、やってみることなしに健康に至る道無し。「行けばわかるさ!』ってところでしょうか。私個人としては実践してみたいと思わせる内容でした。

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1962年8月18日生まれ、岡山県出身。ビートたけしに憧れ上京。86年に弟子入りすると、浅草フランス座での住み込み生活を経て、87年に玉袋筋太郎と「浅草キッド」を結成。テレビ、ラジオ、漫才の舞台での活躍はもちろんのこと、文筆家としても、多くの話題作を世に送り出している。また、2012年11月より、自身が編集長を務める日本最大級ボリュームのメルマガ『水道橋博士のメルマ旬報』を月3回配信中。著書に『藝人春秋』(文春文庫)、『博士の異常な健康‐文庫増毛版』(幻冬舎文庫)など多数。

水道橋博士の作品

博士の異常な健康―文庫増毛版 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする