す-ちゃん (幻冬舎文庫 ま 10-2)

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (316)
  • (422)
  • (256)
  • (27)
  • (2)
本棚登録 : 3938
感想 : 350
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344413481

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • R3.3.28 読了。

     前から気になっていた本。漫画で描かれているので、読みやすい。すーちゃんやまいちゃんの日常の中で思うことや感じることに「それ、わかる。」と思う場面が多くあった。「良い自分」「悪い自分」だけじゃなくて、日常生活のいろんな場面で見せるその時々の独自の対応をする自分も含めて、自分自身なんでしょうね。そんなすべての自分を受け入れられたら、もっと生きやすくなるのかな。

  • 「すーちゃん」も「まいちゃん」もキャラがいい!
    「読んだら明日がちょっとだけ楽しみになる」ミリさんの漫画。クスッと笑えたり、しんみりしたり。
    「あ〜疲れた〜。って今年何回言っただろう。」の台詞に激しく共感。
    「すーちゃん」はシリーズになっているようなので、次作も楽しみにしたいと思います。

  • 「人って変われるの?」から始まる物語は、目指す自分というものを、目標として明確に持っている人は別として、ここでは、今のままの自分でもいいと思えないところが、問題なんですよね。

    2006年の作品ですが、今読んでも共感できるのは、おそらく、現在でも、他人の人生に口出ししたい人や、自分以外の人が皆、自分と同じ価値観や考え方を持っていると思い込んでいる人がいるからなんでしょうね。

    そのような現実に対して、「すーちゃん」と、その友達の「まいちゃん」の、気取らない本音の思いの数々に対する、「そうそう!」と思える嬉しさ。

    それは、私ひとりだけだと感じていた、不安感を払拭させるような、自分自身の存在の肯定へと繋がり、それに救われた気持ちになれた方は、きっと多いのだろうと感じました。

    人って変われるの? というよりは
    誰かのようになりたい、というよりは

    あたしの中には、いろいろなあたしがいる、ということ。

    嫌なヤツに変わったんじゃなくて、いろいろいる、「あたし」という人間だということ。

    『世界にたったひとりしかいない本物の自分を、自分が探してどうすんの』

    という、すーちゃんの思い、その通りだと思いました。
    その後、自分がかわいそうだと思うところも、とても大事。

    なんて書きながら、いちばん共感できたのは、実はまいちゃんの悲しみで、これは私も何度も実感したことがあり、皆さんにも読んで欲しいので、以下掲載いたしました。

    なおなおさん、素敵な本をご紹介くださり、ありがとうございます(^_^)


    これくらいのイヤミはどうってことない
    と、思おうとしている時点で
    あたしは自分が
    少し傷ついていることを知ってしまう
    それが、くやしい
    くやしくて
    少し苦しい
    自分を苦しくさせている人がいる
    ということに
    また少し傷ついてゆく

    • たださん
      なおなおさん、こんばんは。昨日も今日もお暑いですねぇ(^^;)

      今日は風があるせいか、窓を開けて網戸にしていると、今ぐらいの時間で、ようや...
      なおなおさん、こんばんは。昨日も今日もお暑いですねぇ(^^;)

      今日は風があるせいか、窓を開けて網戸にしていると、今ぐらいの時間で、ようやく過ごしやすくなってきました(^-^)

      ああ、よかった!
      仲間と言っていただいて、ほっとしております(^_^)
      ありがとうございます。

      その気持ちに応えるために、ミリさんの作品を、どんどん読んでいくであります(^^ゞ
      2022/07/02
    • なおなおさん
      たださん、こんばんは。
      ブックリストに本書をあげられていましたね。
      好きな本なので嬉しいです(⁎˃ᴗ˂⁎)♡⤴︎⤴︎
      たださんの、「『世界に...
      たださん、こんばんは。
      ブックリストに本書をあげられていましたね。
      好きな本なので嬉しいです(⁎˃ᴗ˂⁎)♡⤴︎⤴︎
      たださんの、「『世界にたったひとりしかいない本物の自分を自分が探してどうすんの』で目が覚めた」に同感!
      さらに目が覚めた思いです^^;
      2022/12/03
    • たださん
      なおなおさん、こんにちは♪

      またまたコメント下さり、ありがとうございます(^o^)

      このブックリストを作るために、今年読んだ☆5の本を、...
      なおなおさん、こんにちは♪

      またまたコメント下さり、ありがとうございます(^o^)

      このブックリストを作るために、今年読んだ☆5の本を、ずっと振り返って見ていた時に、自分の感想の中にあった、本書の言葉に、改めてはっとさせられるものがあり・・・特に、『たったひとりしかいない本物の自分』のかけがえのなさに感動し、生きる事に対して、とても楽な気持ちになることができました。

      元は、なおなおさんがすすめてくれたおかげです。改めて、ありがとうございます。
      2022/12/04
  • 私の中では、
    すーちゃん、エピソード1

    3、4、5作目を先に読んでしまったから

    って、一作目だからエピソード1だよね

    すーちゃん、まいちゃん34歳。

    すーちゃんあるある
    アパートの部屋で、ちゃぶ台みたいなテーブルに突っ伏しがち

    あーだ、うーだ、しがち

    あらすじ

    カフェの店員の社員として働くすーちゃん。年下のイケメンマネージャーが少しいいなぁと思ってる。が、同じ社員のかわいい岩井さんと付き合っていた。1年前から。結婚すると言う。
    妬み、ひがみ、そねみ、の、あーだこーだ。

    まいちゃんは、結婚している男との不倫から決別。結婚相談所で相手を見つけ結婚するまでの、あーだこーだ。

    最後の最後の引用

    ずっと変わりたいと思って生きてきたけど

    いろんなあたしを増やせばいいかな〜

    って思うようになって

    なんてゆうか少し

    楽だ

    あたしでいい

    って言うか

    あたしも悪くない

    伸びをしながら終わる

    すーちゃんシリーズの良いところは、ラスト

    ラストシーンが、
    スゥーーーと落ち着く感じがイイ。

    自己肯定感が低い人
    人間関係に悩んでいる人
    にオススメ

  • すーちゃんの緩い生活感や、女性としての複雑な気持ち(嫉妬とか)にとても共感できた。
    自分を変えたい、いい人にならなければ!とか、自分って何?と考える自分探しより、自己肯定感を持つことも大事なんだと気付かされた。

    心に残ったセリフ
    ・世界にたったひとりしかいない本物の自分を、自分が探してどうすんの。それじゃあ自分がかわいそうだよ。
    ・ため息で幸せも逃げるって誰かが言ってたけど、ため息までガマンしたら窒息するよ。
    ・ポジティブポジティブってもううんざり。ポジティブって正解なわけ?
    ・いろんなあたしがひとりのあたしをかたち作っている。自分を変えるって考えるんじゃなくて
    「新しいあたし」を増やしていく…って感じでいいのかも。合体して強くなっていくあたし。

    ブクログを始めて、初めてレビュー投稿してみた。まずは好きな本から。

    • 地球っこさん
      なおなおさん、おはようございます♪

      あら!
      なおなおさんも韓国の時代劇お好きなんですか。
      嬉しいです。

      わたしは「愛の不時着」で韓国ドラ...
      なおなおさん、おはようございます♪

      あら!
      なおなおさんも韓国の時代劇お好きなんですか。
      嬉しいです。

      わたしは「愛の不時着」で韓国ドラマにハマった、まだまだビギナーです。

      ブク友さんのレビューから観た「太陽を抱く月」が面白くて、時代劇が大好きになりました。

      なおなおさんは時代劇がお好きになってから、もう長いのですか?
      お好きな作品はなんですか?
      オススメがあったら、ぜひ教えていただきたいです。

      わたしの感想は、ドラマが好きすぎて暴走気味になるときが多くて、引き気味になっちゃうと思いますが(大目にみてくださいね 笑)、どうぞよろしくお願いします。
      2022/01/15
    • なおなおさん
      To地球っこさん

      おはようございます。
      知っている韓国のドラマは、数多くないです。

      好きになったきっかけのドラマは、「トンイ」「シークレ...
      To地球っこさん

      おはようございます。
      知っている韓国のドラマは、数多くないです。

      好きになったきっかけのドラマは、「トンイ」「シークレット・ガーデン」(←現代物恋愛ドラマ)です。5、6年前でしょうか。おばさんなのに恋愛物にハマってしまうなんて…^^;
      時代劇は、イ・ビョンフン監督の物が好きで、特に「トンイ」「イ・サン」。BSで繰り返し放送されていて、何度も見ております。
      「王女の男」(←最高に好き)「太陽を抱く月」「イニョプの道」も良かったです〜〜(*^^*)

      地球っこさんもこんなにお好きなら、昨年10月に発売された「韓ドラ語辞典」をチェックしてみてください。きっと辞書のように手もとに置いておきたくなると思います。私は購入検討中です。
      2022/01/15
    • 地球っこさん
      なおなおさん

      恋愛ものにハマるのに年齢なんて関係ありませんよ~
      わたしもおばさんですが、韓ドラ観るたびに(最近では朝ドラ「カムカム」も含め...
      なおなおさん

      恋愛ものにハマるのに年齢なんて関係ありませんよ~
      わたしもおばさんですが、韓ドラ観るたびに(最近では朝ドラ「カムカム」も含めて)、キュンキュンしてます 笑

      イ・ビョンフン監督のは気になっています。話数が長そうなので躊躇してましたが、今年はその長い物語の時間を楽しんで観たいなと思ってます。

      「シークレット・ガーデン」は感想はまだ書いてませんが、わたしも好きですよ!
      ヒョンビンの俺様キャラがよかったです♡

      「王女の男」は、わたしは大泣きでした。大好きです。音楽もよかったですよね。
      このドラマの端宗が不憫で……

      「韓ドラ辞典」、ブク友さんもレビューにあげておられました。オススメなんですね。チェックしてみま~す♪
      2022/01/15
  • 益田ミリ 著

    最近、益田ミリさんにハマっています(^^)
    読み出すと…
    他のも、どんどん読みたくなる(^◇^;
    今、物凄く癒しを求めてるいるからかな、、

    今回の”すーちゃん”も良かったぁ!
    共感!静かに共感!何回、頷いたことか…

    この前、初めて読んだ”僕の姉ちゃん”の
    主人公、姉のちはるとは、随分違った雰囲気に見える すーちゃんだが、
    ちはる姉ちゃんは弟に、その日あった出来事なんかを自分流の説明をつけて、弟をカモにぶっちゃけたりして鬱憤晴らしたり勝手に結論づけてスッキリ、
    達観してるように見せているが…

    一人暮らしのすーちゃんは根が真面目で、いつも自問自答しながらも、悩み、落ち込んだり、これでいいんだ!って勇気を出したり、迷いながら納得ゆく答えを自分の中に、探してるように感じる。

    違う性質かのように見える
    ちはるとすーちゃんも一緒に意見を酌み交わすことあったら、お互いきっと共感し合えるだろうなぁって思う。

    因みに私も2人のどちらにも共感出来るのだ
       仲間になりたい(*^^*)

    そして、すーちゃんでは近所のまいちゃんも登場する またまた、分かり合える仲間増えて、
               嬉しい♪( ´▽`)

    大抵、仕事帰り「あ〜疲れた、」から入る
    「今日も疲れた〜」笑えて、共感!
    今の私は休職してるけど…
    (この先ずっと休職したまま終わるのかもしれない     けど…(・_・;                

    まいちゃんが引っ越しすることになった時は、何だか…こちらまで、しんみりしちゃったよ( ; ; )

    でも、どんなに仲の良い友達でも、相手の心の位置する場所に土足で踏み込まないところが好き!
    友達だからってなんでも話さなくていいと
    考える2人…すごく分かる〜

    個々を大切にすることって大切
    自分だけの時間や場所を持つことも大切
    だからこそ、共感出来るし、応援したくなる
         ついでに、自分も癒してもらえる                        
    ホッとするのは、自分の気持ちと照らし合わせて見れるからかな

    可笑しくて笑えるんだけど泣ける。

  • コミックエッセイの括りに入るのかな?
    あっと言う間に読めた。

    のほほんとした絵なんだけど、ちょっとしたセリフが哲学的なところもあって、共感したり考えさせられたり。
     
    喫茶店で、コーヒー飲みたくなった。

  • すーちゃんシリーズは初めて読んだけど、これ面白い。
    共感、あるあるの連続だし、すーちやんのふと思っていることって、哲学さえ感じる。
    漫画だし、薄い本だし、気軽に読めるし、ちょっと空いた時間に最適。

  • すーちゃんとまいちゃんの考えていることって、わかるなあとか、そういうことあるよねとか、いちいち相槌を打ちたくなる。
    職場で恋愛話を聞かされるのが嫌でその場を離れるすーちゃんが、それって心が狭い?いい人ではない?と思うところでは、いい人だよ!と言いたくなった。
    やるべきこと以外なら、嫌な気持ちになることを回避するのは正しいと思う。自分自身にとっていい人だ。

    根拠はないけど大丈夫だよと言いたくなって、同じことを言われている気にもなって、ストレスフリーで肩の力が抜ける一冊。

  • 綺麗事じゃなくていろんなぐちゃぐちゃした汚くもある日常から、こういう結論を導き出しているすーちゃんは、私からしたら十分強い人だと思った。
    サークルとか、就活とか、大学院とか。今ちょうど人生について考えて悩む時期で、だからこそ他の人と比較したり、他の人を羨んだり、妬んだりすることも多いけど、この本を読んで結局私は私として生きるしかないんだってなった。でもその結論に至ったのがよくわかんない知らない人の綺麗事とかからじゃなくて、すーちゃんの日常とか考えていることから、っていう事実が少し励ましてくれる。と、思う。

全350件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1969年大阪府生まれ。イラストレーター。主な著書に『欲しいものはなんですか?』『みちこさん英語をやりなおす』『そう書いてあった』『今日の人生』『しあわせしりとり』『すーちゃん』シリーズ、『マリコ、うまくいくよ』『僕の姉ちゃん』シリーズ、『スナック キズツキ』『ツユクサナツコの一生』『ヒトミさんの恋』『ランチの時間』等がある。

益田ミリの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×