孤高のメス―神の手にはあらず〈第4巻〉 (幻冬舎文庫)

著者 : 大鐘稔彦
  • 幻冬舎 (2009年11月1日発売)
3.63
  • (12)
  • (41)
  • (25)
  • (8)
  • (1)
  • 275人登録
  • 21レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344413894

孤高のメス―神の手にはあらず〈第4巻〉 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遂に完結。最後盛り上がっていって、ハッピーエンドかと思わせておいて、そうではない。うーん。。。
    エホバ、アルツハイマーはよく出てくるし、鉄心会なんかは実在ベース。作者のメッセージのようなものは感じる。恋愛系の描き方は今一かな。

  • 不味い文章のわりに、4巻はスラスラ読んでしまった。ラブシーンの描写には目も当てられないが、当麻のヒロイックな一面と悲劇的な一面はうまく考えられていると思う。ノンフィクション書けばいいと思う。

  • 話が進めば進むほど、当初の勢いのない展開になっていく。孤高のメスでも愛する人は救えず、スーパードクターの活躍を書く昨今のドラマとは現実は違うという事か、ホスピスに向かう患者と家族の心情が良く描かれている。話が長くちょっと展開も無理している感じがする。

  • 2015.2.18読了。

  • え?これで終わりって感じでした。

  • (内容紹介)「主人公は恋人の父親に、彼女も病魔におかされていると告げる。最愛の恋人を救うためメスを執るが、病魔は静かに彼女の体を蝕んでいた。シリーズ完結編。」
    医者の宿命とは、こんなにも辛いものだろうか?傍にいても何もできない、私たちでさえ、そう思うのに、医者であればなお、無力感や、ふがいなさを感じるのではないだろうか?

  • 映画化もされた前作の続編。
    こちらはマンガのシナリオを書き起こしたわけではなく当初から小説として書かれているんどえ前作よりは違和感が少な読み物として楽しめる。著者の過去の恨みつらみも含めて、医療界に横たわる問題を交えながらのまとめであるが、いずれにしてもストーリーはご都合主義でしかないのが残念。今時40の男が結婚するまで童貞っていうのも信じられないし、時代錯誤感甚だしいというか(笑)
    とはいえ事実に基づいていると思えばそれなりに楽しめると思います。

  • 読了 #dokusyo #読書

  • 1〜3巻に比べて内容は濃いのに、無理やり詰め込んだ感が有ってイマイチ。

  • あらゆる場面があっさりと。
    もったいない。
    人間は神の手にはなり得ない・・・。悲しい結末で、やるせない。

全21件中 1 - 10件を表示

孤高のメス―神の手にはあらず〈第4巻〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

大鐘稔彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

孤高のメス―神の手にはあらず〈第4巻〉 (幻冬舎文庫)はこんな本です

孤高のメス―神の手にはあらず〈第4巻〉 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする