最も遠い銀河〈2〉春 (幻冬舎文庫)

著者 : 白川道
  • 幻冬舎 (2010年4月1日発売)
3.88
  • (15)
  • (23)
  • (14)
  • (4)
  • (0)
  • 121人登録
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344414587

最も遠い銀河〈2〉春 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『日向に落ちた種子』と『日陰に落ちた種子』。晴之と葛城。日は登り、沈む。そして夜は平等にやってくる。

  • 140311

  • どんどん面白くなる

  • 【No.83】「貧しさというのは、経済的なことを意味するだけではない。貧しさは人間の心をひび割れさせる。ひびを割らせるのは、金ではなく周囲の目、悪意によってだった」

  • 運命がいわゆる良い方向に向かいつつある中、ひたひたと破滅が近付いてきているような、そんな展開ですね。
    いつ二人は邂逅するのか?
    どういう決着をみるのか?

  • 感想は4巻で。

  • レビューは最終巻で。

  • 一気に読み終わりました。
    不思議につながった糸がだんだんとたぐりよせられてきます。主人公をどうか陽のあたる場所に導いて欲しいのだけれど。。
    ドキドキの展開が続きます。

  • 2巻読了。
    テレビ朝日の深夜帯ドラマ・・・いや韓流ドラマノリになってないか?

    ひとまず全巻読むか。。。

  • 2のなかばあたりから
    物語は動き始めました
    これから面白くなるんです

全14件中 1 - 10件を表示

最も遠い銀河〈2〉春 (幻冬舎文庫)のその他の作品

白川道の作品

最も遠い銀河〈2〉春 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする