ベイジン〈下〉 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.93
  • (110)
  • (187)
  • (99)
  • (16)
  • (3)
本棚登録 : 1092
レビュー : 121
  • Amazon.co.jp ・本 (366ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344414693

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人作家にどうしてここまで中国人が描けるのだろうか、と悔しくすら思う一作。中国人のプライドとコンプレックスと最終的に大事にする価値、それに対照する日本人の作法との食い違いを冷徹な目で描ききっている。

    北京オリンピック開催直前の中国を題材に、汚職と中国共産党内での政争の有様と、先進国に必死に技術でついていこうとする様子を描く。更にサブテーマに原発の安全問題をも含んでいる。
    複雑極まりないテーマなのに、とことん具体的に描写は進められる。

    中国人が最終的に気にする価値は金銭と地位であること、党への恐れや保身を優先するということ。矛盾するようだが中国や中国人というものへの隠れた誇りがあること、だけれどもその誇りをくじけさせる事象にあまりにも慣れすぎているため希望を持つことを自ら否定してしまっていること。

    作中の映画監督の描写に作者自身の葛藤と思索も見える。記録映画にするのかフィクションの世界で勝負するのか。記録映画で真実を一面からしか描いてないのに真実を全て分かったつもりで公開するよりは、フィクションにて自分の主張をぶつけたい。そう思った映画監督に作者が重なる。

  • 1

  • 東日本大震災の後の原発事故を予測していたかのような描写に驚きを隠せない。
    中国人の考え方、行動が、今なおここに書かれたものの通りなら、原発を稼働させようとしているなら、こんなに怖いことはないと思う。
    真山さんが背景をものすごく勉強されて書かれているのがよくわかって、臨場感溢れる書きぶりにページを捲る手が止まらなくなってしまった。

  • 福島そのままです。

  • 原発というものが神の火ではなく悪魔の火であることがよく理解できた。未だに電力会社に飼われている家畜やカネに目がくらみ放射能産業に群がるハイエナどもに読ませてやりたい。震災よりはるか以前にこの本を書かれた著者に敬意を表したい。この本が福島の原発大爆発よりも前に書かれていたということの意味を日本国民には考えてもらいたい。この本のタイトルはベイジンではなくフクシマでもおかしくはない。

  • 中国で原子力発電所を舞台に、エンジニア、官僚、映画監督を主人公として展開される。3.11を予期しているかのような克明な描写があり、続きが読みたくなる。中国でのビジネスの難しさを読みながら考えることができる。

  • 北京五輪開催式と同時に稼働させる予定だった世界最大の原発。

    中国の闇と現実を描き、その中で「希望」を見いだし生きていこうと突き進む人たち。
    全く違う場所で、違う環境で、違う目標に向かって生きていた3人の人たちが、交わり、共に突き進んでいく姿がとても自然に、上手に描かれていた。

    やっぱり真山仁はすごい。

    ベント、蒸気爆発など、福島第一原発を予言しているようなこの内容にも本当に驚きます。
    真山さんは、二酸化炭素削減のために全世界が「原発推進」の姿勢を取り、原発建設ラッシュになっていることに不安を抱き、本作を作ったそう。
    その不安が、悲しいことに的中してしまった。
    真山さんは今、一体何を考えているんだろう。

    「原発は、我々に素晴らしい恩恵を与えてくれる。だが、人間の心に隙が生まれた瞬間、神の火は、劫火に変わる。」

  • 鄧学耕が 朱克明のもとに 組み込まれていく。
    政治的な力学が つねに左右する。
    中立や無関係は存在しない。
    無口で余分なことを言わない鄧学耕。

    『希望とは 自分たちが努力して 奪い取るものだ』
    と 鄧学耕はいう。

    希望とは 世界で最大級の紅陽原子力発電所を
    稼働させることであるが、
    ラジオが 発電所内に持ち込まれて、それが問題を起こす。
    そのラジオは 大連市長が経営している会社のもので、
    原子力発電所のスタッフにプレゼントされたものだった。
    オリンピックの開会式に 発電を間に合わせることに
    成功するが、そのあと ブラックアウトとなる。

    一方で 大連市の市長をターゲットにして 中紀委が拘束しようとするが
    中紀委の書記の寝返りで果たせなかった。

    つぎつぎに 発電所内で 火災が発生し 爆発をおこす。
    鄧学耕と 田嶋はこの危機を どうのりきるのか。

    中国という国を 中紀委 という視点を入れて
    眺めたことが この作品の特徴であり、優れたところである。
    田嶋と言う 優れた日本人が 描かれているが
    鄧学耕は スーパーエリートであるが,柔軟性もあり,
    このような中国人が本当にいるのか と疑わざるをえない。
    あまりにも,日本人的な思考力である。

    それでも,いい作品であることは確かだ。

  • ハゲタカシリーズの真山仁が週刊誌への連載に初挑戦した一冊。
    原発事故の後の今読むとものすごくいろんなことがしっくり来るとともにいろんな空恐ろしさがやってくる。
    舞台を日本にしたら書けなかったというのもすごい納得がいく上、中国を舞台にしているのもよいスパイスが効いている。
    ハゲタカほどの勢いはないものの、筆力が上がっているので読みごたえが十分。エネルギー系のほうがこの人、いい話書くんじゃない?とか思ってしまった。
    今の日本の原発の話を知るにも、良い一冊だと思います。

  • いつもの如く後半は一気に読み切りました。やっぱり面白い。他の作品も絶対読みたいなと思いました。
    中国の“人民龍”の話あたりは、最近のニュースを思い出しながらホントにそうだなぁと実感しました。
    終わり方は賛否両論出そうですが、私は良かったと思います。最後まで読み切った瞬間はなんとも言えない感じがありましたけど、最後の章読み返して、で次に上巻から読み返して(飛ばし読みですが)、なんてしてたらやっぱりここで終わるのがいいのかなと思いました。

著者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。読売新聞記者を経て、フリーランスとして独立。2004年、熾烈な企業買収の世界を赤裸々に描いた『ハゲタカ』(講談社文庫)でデビュー。これが代表作となり、ドラマ・映画化された。
「ハゲタカ」シリーズのほか、『虚像の砦』『そして、星の輝く夜がくる』(いずれも講談社文庫)、『売国』『コラプティオ』(いずれも文春文庫)、『黙示』『プライド』(いずれも新潮文庫)、『海は見えるか』(幻冬舎)、『当確師』(中央公論新社)、『標的』(文藝春秋)、『バラ色の未来』(光文社)、『オペレーションZ』(新潮社)がある。

ベイジン〈下〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

真山仁の作品

ツイートする