ハナミズキ (幻冬舎文庫)

著者 : 吉田紀子
  • 幻冬舎 (2010年8月1日発売)
3.18
  • (22)
  • (69)
  • (102)
  • (40)
  • (14)
  • 本棚登録 :676
  • レビュー :94
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415102

ハナミズキ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 飛行機で七時間ぐらい一気読みしてしまいました。
    読みながら号泣しました。遠距離恋愛の苦しさも、そして夢に向かって生きている勇気も、とても感動しました。

  • 映画のノベライズ。素敵な話かな。映画もきっと素敵な映画なんじゃないじゃなと思います。後戻りできない現実に少しづつズレていく様子とか考えさせられますね。ベタな話だとは思うんですが、人の行いの普遍的な部分ってそんな劇的に変わらないと思うし。いい意味でも悪い意味でも繰り返される人の営みそしてその有り様、まぁ難しくは書いてないけどわかりやすく描いてあるからこそその直球にどう反応していいかわからない自分を見る。人を想うということ大切にしたいなと思った。

  • これも家の本棚にあった作品。土曜の午前中の一時間で読了。
    主人公たちの高校生、卒業、就職、結婚、惹かれたり離れたり、お互い苦しいけどこんな青春あったらいいな~と感じた。北海道、東京、ニューヨーク、漁師と写真とハナミズキこれが絡み合ったストーリー全体の雰囲気は印象深かった

  • 先がなんとなーく読める。
    ドラマや映画で見るのがいいかな。
    本で読まなくても...と思た。

  • 勘繰り深い嫌な性格のせいだろうか。都合良過ぎないかと思ってしまった。素直に感動できない自分が情けない。
    あらすじ(背表紙より)
    北海道の港町で母と二人で暮らす紗枝。家の庭には、亡き父がある願いを込めて植えたハナミズキが育っていた。自身の夢のため東京の大学に進んだ紗枝と、故郷に残り漁師になった恋人の康平。互いを思いながらも、二人は少しずつすれ違っていく。それから十年。故郷のハナミズキが咲く頃、離れ離れだった二人に奇跡が訪れる…。珠玉の恋愛小説。

  • え~...?
    映画で見ると違うのかなぁ...
    ちょっとなぁ

  • 久しぶりに読みました。
    映画とは少し違ったけどどっちも好きです。


    最後は、とてもなんか心が温まるような感じでした!
    少しうるっときました。

  • 映画と共に大好き。ただの恋愛じゃない、ストーリーが感動的でした。

  • 映像が目に浮かぶような物語でした。
    他の人も書いている様に、脚本をそのまま小説にしているため、内容のムラがあるのが気になる。
    全体のストーリーが素晴らしいだけに、その辺りが残念です。

  • たまたまBOOKOFFで、本を探していたら、この本の題名に目が止まり、だいぶ前に見た映画の本だと思い、購入しました。
    紗枝と康平の出会いから、そして付き合い、別れ、初恋の暖かい物語でした。良子さんと圭一さんの話もあり、親子で似た恋だと思いました。
    幸福な場面もありましたが、やはりつらい場面の方が多く、北見さんが亡くなってしまった時には、なんでなのと思ってしまいました…。
    最終的に、良子さんも新しい恋を見つけ、紗枝も康平と再会し、心暖まるお話でした。
    この本を読み終えてから、一青窈さんのハナミズキを聞いてみて、この歌を元に映画が作られたそうですが、改めて聞くと、イメージ通りだなと感じました。
    読み終えた後の暖かさが、良かったです!

全94件中 1 - 10件を表示

吉田紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ハナミズキ (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

ハナミズキ (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする