おっさん糖尿になる!―おっさん問答〈2〉 (幻冬舎文庫)

  • 幻冬舎
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415171

作品紹介・あらすじ

若い頃から太ったり痩せたりを繰り返してきたマグロ。気づけば正真正銘のデブ、しかも糖尿病にまで…。が、40代後半にして3か月で20キロ減に成功。「ちっとも努力していない」というマグロの、簡単でリバウンドしない驚異の方法は、カロリーチェックのみ。「ダイエットするから太る」「和食より中華」など、説得力満点の極意をトロが聞き出す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あっという間に読める、簡単で面白い。若干あきれながらも食事に対する考え方で参考になる箇所も。

  • 糖尿病は病気というよりも高血圧のような状態異常のこと
    っていうのが、目からウロコ。たしかにそうだよなあ。
    病気と言っておそれるより、普段の生活習慣を見直して行くことが
    大事なんだよねえ。
    ただ、1冊の本としては内容が薄い。
    同じ内容が何回も出てくる。
    この形式では仕方ないのかなあ。

  • この本を書店で購入し、時々読み返している。
    確かに1月下旬に医者から糖尿病の宣告を受けたときは深刻だった。
    そこからカロリーコントロールとジム通いの毎日が始まり、かなりの改善は見られているので深刻さは減ったけど・・。

    他人の経験談って、結構貴重なものなんだよね。
    この主人公:下関マグロ氏は体重100キロを越える巨漢なので、その点は違うけどね・・。
    やはり運動とカロリーコントロールの食事で危機的状況を脱した経験がつづられている。

    最近は急激な運動やストイックな食事制限よりも、毎日いかに日課として運動をし、カロリー消費するかを考えている。
    とにかくどんなことがあっても「毎日10000歩」を歩くという目標を達成していこうと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

北尾 トロ(きたお トロ)
1958年福岡県生まれ。ライター。2010年にノンフィクション専門誌『季刊レポ』を創刊、2015年まで編集人をつとめる。主な著書に『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』『いきどまり鉄道の旅』『全力でスローボールを投げる』『欠歯生活 歯医者嫌いのインプラント放浪記』など多数。2014年に『猟師になりたい!』。15年に『山の近くで愉快にくらす―猟師になりたい!2』を信濃毎日新聞社から発行。長野県松本市在住。

おっさん糖尿になる!―おっさん問答〈2〉 (幻冬舎文庫)のその他の作品

北尾トロの作品

ツイートする