ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.54
  • (42)
  • (127)
  • (135)
  • (26)
  • (3)
本棚登録 : 928
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415218

作品紹介・あらすじ

新人刑事の佐原夏輝がはじめての現場でコンビを組まされたのは、ベテラン刑事で、少年時代に別離した実の父親・島尾明村だった。ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部は内部の犯行を疑い、その矛先は明村にも向かう。夏輝は単独で事件の核心に迫ろうとするが…。幾重にも絡み合った因縁が読者を欺き続ける傑作長編ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二冊続けて、似たような感じの本を読んだ気分(もう誘拐なんてしない/東川 篤哉)

    さくっと読めます。軽いけど本格ミステリー。
    死者は沢山でますが。

  • ジャケットプレイがじわじわくる(笑)ふざけてるシーンも面白いしシリアスなシーンも面白い。

  • ドラマを見てからの、原作を読んでみました。
    ドラマは、すごいコメディー感溢れていて、あまり推理とかいう感じがせず、親子刑事というのが重視されていて、少しくだらないところもありましたが、わかるなぁってポーッと共感したり、温かくなったり、それなりに面白かったです。
    原作読んだら、だいぶ内容が違くて驚きました…!
    最初の事件は、親子刑事って感じでその後も行くのかと思いきや、全てが絡み合って繋がっていて、すごいなぁと思いました。最後まで、犯人が想像できず、一気に読んでしまいました。
    ドラマは、このチームは家族だーっ!って感じでしたが、原作は、そうでもなく、でも面白かったです。きっと何度読んでも面白いと思います。
    やはり小説を映像化するのは、大変だなぁ、と改めて感じさせられた本でした。
    明村と夏輝の親子刑事コンビ、良かったです!
    また、雫井さんの作品読んでみたいと思います!

  • ドラマになりそうなかんじかな

  • 面白かったー!!
    登場人物、特にジェントルが憎めないかわいいキャラだし、それぞれ個性がたっててよかった!(^^)!
    そして、ストーリーとしても幾重にも重なり合ってて、読み応えがありました。

  • そこそこ面白かったのですが
    雫井さんの別の本を読んでからこれだったので
    軽く感じてしまいました。 はは。

    あまりハードなのではなく、
    ラスト心温まる系の刑事物(こんなくくりで良いのか)
    が読みたい方にはお勧めかと思います。

  • 「犯人に告ぐ」のようなハードボイルドな警察小説かと思いきや、軽くて笑えるようなとこもあってびっくり!
    刑事のキャラやニックネームが面白い!ほんとに警察ってこんなニックネームつけてるんかな?
    お父さんのチャラいキャラがかわいく微笑ましかった。
    サスペンス要素も充分あり。
    ドラマか映画になりそう。

  • 前半というか、最初から三分の一ほどまでの親子がコンビを組んでいたあたりは推理小説ではなく完全コメディでした。ジャケットプレイ諸々で笑いをこらえてたんですが、クーガーの撃退法の件は我慢できずに吹き出しました。想像すると完全におかしいでしょ。夏輝のツッコミや、何やかんやで明村ペースになってるのもテンポよくて面白かったです。
    明村さん良いキャラですね。
    その後もちょいちょい挟まれるとぼけた感じが良い箸休めになってます。黒幕自体はあっと驚くようなものではなく、蚊にさされた人物も消去法で分かってしまったし、相星も深追いする描写が続いてたのでこれフラグってやつだ、と思ってましたが、それでも物語に引き込まれて一気読みしました。陰と陽、シリアスとコメディの絶妙なバランス。久しぶりに楽しい読書の時間でした。
    読みながら、明村さんが誰かとかぶるなーとずっと思ってたのですが、解説を読んで気づきました。そうか、郷ひろみですね。個人的なビジュアルイメージは完全郷ひろみです。

  • この作家の本が読みたくて買った小説

    「火の粉」が良かったので他の作品もよんでみたかった。

    事件解決と親子関係の内容だった。

    この本を買った後でこの作品について調べてみたが、コメディー風だとか、内容が軽いだとか、そんな感想が多かったので、買ったけど読もうか迷った。

    読んでみたら自分には読みやすくいい小説だと思った。
    最後も、もやもやが残らないスッキリした終わりで最後まで楽しめた。

    本の評価も人の感想に左右されてはいけないと感じた小説でした。

  • 雫井脩介にしては、推理描写がもう一つ。その分親子関係など人間描写が多い。

全109件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)
1968年、愛知県生まれの小説家・推理作家。専修大学文学部卒業後ひとたびは就職。出版社などを経て、1999年内流悠人(ないる ゆうと)という筆名で応募した『栄光一途』が第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、2000年同作でデビューする。
2004年『犯人に告ぐ』が、2004年版「 週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位、第26回吉川英治文学新人賞の候補として選ばれ、第7回大藪春彦賞を受賞。豊川悦司主演にて映画化・ドラマ化。代表作となる。
2006年に恋愛小説『クローズド・ノート』を発表し、沢尻エリカ主演で映画化。2013年刊行の『検察側の罪人』は2013年度「週刊文春ミステリーベスト10」4位など評価を受け、2018年8月24日木村拓哉・二宮和也共演で映画化。

ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)のその他の作品

ビター・ブラッド Kindle版 ビター・ブラッド 雫井脩介
ビター・ブラッド 単行本 ビター・ブラッド 雫井脩介

雫井脩介の作品

ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする