ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.54
  • (42)
  • (127)
  • (135)
  • (26)
  • (3)
本棚登録 : 928
レビュー : 109
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415218

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラマ化しないか軽く期待してます!

    配役が気になるなぁ。

  • 刑事が実父とコンビを組むなんて…。

    ま、それはさておいて、
    ラストの展開といい、途中のテレビ的なアクションといい、
    個人的には嫌いじゃなかったです。

    でも、それだけ個性的な集まりのはずなのに、
    なんか印象に残ってないのはどうしてだ?

    私の読み方が浅かったのか、
    実父が濃すぎたのか。

    ま、楽しくは読めました。

  • 重い事件ですが、キャラクタがとても魅力的で
    笑いながら読めました^^

  • 面白いけど、軽いかな。リアリティが薄いし。

    ジェントルとか、チェイサーとかの掴みは笑った。

  • 今まで読んだ雫井さんの作品とは、少しテイストが異なる作品でした。
    ユーモア小説かと思うほど、ユニークなキャラクタが揃っていて、思わず笑ってしまうようなシーンが続出します。
    雫井さんは、シリアスなミステリー作品に留まらず、こんな作品も書くんですね。

    主人公は、新人刑事の夏輝。
    最初にコンビを組まされた刑事が、幼い頃に別れており、わだかまりを持っている父親明村。
    事件は警察内部の犯行も疑われ、明村にも嫌疑がかかります。
    夏輝は疑心暗鬼のままに単独で捜査を進め、ついに核心に迫ります。

    警察小説の中に、ユーモアと青春小説風味まで持ち込み、親子関係や恋愛模様までも詰め込んだ長編作品です。
    しかし、明村は最後まで笑わせてくれます。

  • 新人刑事の佐原夏輝がはじめての現場でコンビを組まされたのは、ベテラン刑事で、少年時代に別離した実の父親・島尾明村だった。ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部は内部の犯行を疑い、その矛先は明村にも向かう。夏輝は単独で事件の核心に迫ろうとするが…。幾重にも絡み合った因縁が読者を欺き続ける傑作長編ミステリー。

  • 【No.11】読了。

  • 作品タイトルから「犯人に告ぐ」みたいなヒリヒリする内容と思ったら、なんかゆるい警察小説だった。ミステリーも弱いしちょっと残念!

  • 80ページほど読んだ。
    淡々と進みすぎて続けるのを断念。

  • 登場人物のキャラクターがインパクト大。
    ジェントルのキャラが面白い。

    内容的には重いし、途中、話の流れがわからなくなったけど。

    ジェントルとジュニア親子の今後が気になる。

全109件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)
1968年、愛知県生まれの小説家・推理作家。専修大学文学部卒業後ひとたびは就職。出版社などを経て、1999年内流悠人(ないる ゆうと)という筆名で応募した『栄光一途』が第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、2000年同作でデビューする。
2004年『犯人に告ぐ』が、2004年版「 週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位、第26回吉川英治文学新人賞の候補として選ばれ、第7回大藪春彦賞を受賞。豊川悦司主演にて映画化・ドラマ化。代表作となる。
2006年に恋愛小説『クローズド・ノート』を発表し、沢尻エリカ主演で映画化。2013年刊行の『検察側の罪人』は2013年度「週刊文春ミステリーベスト10」4位など評価を受け、2018年8月24日木村拓哉・二宮和也共演で映画化。

ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)のその他の作品

ビター・ブラッド Kindle版 ビター・ブラッド 雫井脩介
ビター・ブラッド 単行本 ビター・ブラッド 雫井脩介

雫井脩介の作品

ツイートする