ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.54
  • (42)
  • (127)
  • (134)
  • (26)
  • (3)
本棚登録 : 928
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415218

作品紹介・あらすじ

新人刑事の佐原夏輝がはじめての現場でコンビを組まされたのは、ベテラン刑事で、少年時代に別離した実の父親・島尾明村だった。ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部は内部の犯行を疑い、その矛先は明村にも向かう。夏輝は単独で事件の核心に迫ろうとするが…。幾重にも絡み合った因縁が読者を欺き続ける傑作長編ミステリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二冊続けて、似たような感じの本を読んだ気分(もう誘拐なんてしない/東川 篤哉)

    さくっと読めます。軽いけど本格ミステリー。
    死者は沢山でますが。

  • ジャケットプレイがじわじわくる(笑)ふざけてるシーンも面白いしシリアスなシーンも面白い。

  • ドラマを見てからの、原作を読んでみました。
    ドラマは、すごいコメディー感溢れていて、あまり推理とかいう感じがせず、親子刑事というのが重視されていて、少しくだらないところもありましたが、わかるなぁってポーッと共感したり、温かくなったり、それなりに面白かったです。
    原作読んだら、だいぶ内容が違くて驚きました…!
    最初の事件は、親子刑事って感じでその後も行くのかと思いきや、全てが絡み合って繋がっていて、すごいなぁと思いました。最後まで、犯人が想像できず、一気に読んでしまいました。
    ドラマは、このチームは家族だーっ!って感じでしたが、原作は、そうでもなく、でも面白かったです。きっと何度読んでも面白いと思います。
    やはり小説を映像化するのは、大変だなぁ、と改めて感じさせられた本でした。
    明村と夏輝の親子刑事コンビ、良かったです!
    また、雫井さんの作品読んでみたいと思います!

  • ドラマになりそうなかんじかな

  • 面白かったー!!
    登場人物、特にジェントルが憎めないかわいいキャラだし、それぞれ個性がたっててよかった!(^^)!
    そして、ストーリーとしても幾重にも重なり合ってて、読み応えがありました。

  • そこそこ面白かったのですが
    雫井さんの別の本を読んでからこれだったので
    軽く感じてしまいました。 はは。

    あまりハードなのではなく、
    ラスト心温まる系の刑事物(こんなくくりで良いのか)
    が読みたい方にはお勧めかと思います。

  • 「犯人に告ぐ」のようなハードボイルドな警察小説かと思いきや、軽くて笑えるようなとこもあってびっくり!
    刑事のキャラやニックネームが面白い!ほんとに警察ってこんなニックネームつけてるんかな?
    お父さんのチャラいキャラがかわいく微笑ましかった。
    サスペンス要素も充分あり。
    ドラマか映画になりそう。

  • 前半というか、最初から三分の一ほどまでの親子がコンビを組んでいたあたりは推理小説ではなく完全コメディでした。ジャケットプレイ諸々で笑いをこらえてたんですが、クーガーの撃退法の件は我慢できずに吹き出しました。想像すると完全におかしいでしょ。夏輝のツッコミや、何やかんやで明村ペースになってるのもテンポよくて面白かったです。
    明村さん良いキャラですね。
    その後もちょいちょい挟まれるとぼけた感じが良い箸休めになってます。黒幕自体はあっと驚くようなものではなく、蚊にさされた人物も消去法で分かってしまったし、相星も深追いする描写が続いてたのでこれフラグってやつだ、と思ってましたが、それでも物語に引き込まれて一気読みしました。陰と陽、シリアスとコメディの絶妙なバランス。久しぶりに楽しい読書の時間でした。
    読みながら、明村さんが誰かとかぶるなーとずっと思ってたのですが、解説を読んで気づきました。そうか、郷ひろみですね。個人的なビジュアルイメージは完全郷ひろみです。

  • この作家の本が読みたくて買った小説

    「火の粉」が良かったので他の作品もよんでみたかった。

    事件解決と親子関係の内容だった。

    この本を買った後でこの作品について調べてみたが、コメディー風だとか、内容が軽いだとか、そんな感想が多かったので、買ったけど読もうか迷った。

    読んでみたら自分には読みやすくいい小説だと思った。
    最後も、もやもやが残らないスッキリした終わりで最後まで楽しめた。

    本の評価も人の感想に左右されてはいけないと感じた小説でした。

  • 雫井脩介にしては、推理描写がもう一つ。その分親子関係など人間描写が多い。

  • コメディタッチのミステリー
    父と息子の刑事がおりなす、骨太のミステリーを期待していたのですが、設定が全く違っていました。
    チャラくてリアリティ薄い(笑)

    ストーリとしては、捜査一課の係長が何者かに殺害されます。そして、その犯行には内部の者がかかわっている可能性が..
    息子の刑事は、周りの刑事の誰も信用できない状態の中、情報屋とつるみながら、単独で事件の核心に迫っていきます。
    本書の中では情報屋と刑事の関係性が語られていて、それが伏線にもなっています。

    自分の父親もかかわっているのか?
    犯人は捜査1課の刑事なのか?
    事件の真相は?
    といった展開です。

    父親のキャラがぶっちゃけ嫌い(笑)
    笑いをとるためのキャラなんでしょうが、正直鬱陶しい。

    ただし、ミステリーとしてのストーリは満足でした。
    ユーモア、コメディタッチのミステリーが好きな人にはお勧め

  • 篠井秀介は何作か読んだが、本作はちょっと毛色が違うかも。刑事の親子の話ではあるが、親の明村のキャラは軽め。一方の子の夏輝は屈折して複雑。一緒に捜査することになった事件。誰を信じていいのか?
    事件の内容は、個人的にはあまり興味の持てないものだったが、親子の確執や夏輝の恋愛とかキャラの強い刑事達とか、全体的に面白い。

  • 新人刑事の佐原夏輝がはじめての現場でコンビを組まされたのは、ベテラン刑事で、少年時代に別離した実の父親・島尾明村だった。ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部は内部の犯行を疑い、その矛先は明村にも向かう。夏輝は単独で事件の核心に迫ろうとするが…。

  • 新米刑事が初めての現場で組まされた相棒は、幼い頃に別れたきりの父親だった。
    捜査一課の刑事のイメージとは程遠い調子の良さに、嫌悪感は増すばかり。
    ひょんなことから事件の重要人物と接触した彼は、慣れないながらも単独捜査を始めるが。


    警察小説は好きでいろいろ読みましたが、新米刑事が主人公なのは初めてかも。
    ちょっともどかしく感じることもありましたが、ミステリーの中にコミカルな場面あり、恋愛要素ありで、くすっと笑えたり、ぐっときたり、切なくなったり、、百面相してしまうくらい楽しめた一冊でした。

  • 父親である島尾明村のキャラクターが軽すぎる。
    それなりに過去の因縁もあり、読み終わってみれば面白かったとは思うのだけれど。
    登場人物たちの行動に説得力がない。
    個性的なキャラクターを揃えているのに、読み進めば進むほど軽さを感じてしまった。
    重ければいいというものではないにしても、明村が何故そんなにも「見た目」にこだわるのかもよくわからなかった。
    やたらと足が吊る設定も必要だったのかどうか。
    好きな作家さんだけに残念な思いが先にたつ。
    読みやすいしけっして面白くないわけではないけれど、「堪能できた」と言いきれる物語ではなかったような気がした。

  • 部署の全員に変なカタカナの呼称つけるとかやめて欲しいことこの上ないんだけど、とーさんのキャラは確かになかなか立ってたね。ドラマ版のキャストのイメージじゃないけど。

  • ヒロコサンから借りた本!

    久々のミステリで興奮しました!!

    人物設定がゆるめで、シリアスな雰囲気をうまーく冗談やらゆるめキャラでなごましてくれ、なかなかのおふざけミステリですが、オチやそれまでの展開はなかなかハラハラさせられます!!!

    アニメのようなキャラ盛りだくさんで、ミステリ苦手な方でも読めそうな一冊!!!!

    設定自体は固めで、なんだか最近の時代背景に則ったゆるさです!笑!

    こういうゆるめのミステリ、最近多いのはやはり流行りなんだろうか??

  • 雫井脩介さんの作品は「火の粉」など、怖いイメージだったけど、本作はコメディータッチのような。
    いくつも殺人事件が起こってシリアスな物語ではあるんだろうけど。
    明村のジャケットプレイなど、ちょいちょい、いやかなり?!笑える部分が。
    登場人物が多くて複雑だったし、現実にはそうはいかないだろ…って思うところもあったけど、
    最後の真犯人に迫る場面ではついついページをめくる手が早くなった。

  • 1609 だらだら読んだせいかあんまりのめり込めずに読了。雫井作品なら他の作品の方が好きです。

  • まあまあ。

  • 夏輝と明村のやり取りはクスッと笑う。すべての事がハッピーで終わるわけではない。

  • 新人刑事の佐原夏輝がはじめての現場でコンビを組まされたのは、ベテラン刑事で、少年時代に別離した実の父親・島尾明村だった。ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部は内部の犯行を疑い、その矛先は明村にも向かう。夏輝は単独で事件の核心に迫ろうとするが…。幾重にも絡み合った因縁が読者を欺き続ける傑作長編ミステリー。

  • 雫井さんの作品は本当に好きでブロ友さんに【つばさものがたり】を教えて貰ってから
    ハマってる作家さん♪
    今回の作品はちょっと作風が違う気がするけど
    重そうな刑事物語の中にクスっと笑える要素が入っていて
    最後まで楽しく読めた♪
    去年ドラマ化されてたんだね~知らなかった

  • 新人刑事佐原夏輝の相棒は、憎むべき父親でベテラン刑事の島尾明村だった。組織内に蔓延する不正の匂いと、捜査一課係長殺人事件の真相を追う親子刑事を描く長編ミステリー。
    警察小説なのか家族小説なのか。またはコメディなのか。方向性が定まらないうちに終わってしまった感じが否めない。刑事たちのニックネームが出てきた時点で怪しかったが、それさえも活かされなかった。ただし、夏輝と相星の絡みは面白い。

  • ツタヤで抱腹絶倒!という帯を巻かれて売られていたことにはちょっと憤りを覚えたけれど、それ以外は読み応えがあった。
    色々盛り込みすぎなのか、後半はぐちゃぐちゃしていて、逆にさらっと読んでしまった。キャラクターができている分、そうしたところをもっと描いて欲しかった。

  • 「当たり前」の幸せ。
    家族も仲間も、どこか、歪なもの。

  • 2010

  • 確執のある父親と組んで捜査に当たる新人刑事。
    ジャケットプレイ。
    ---
    新人刑事の佐原夏輝がはじめての現場でコンビを組まされたのは、ベテラン刑事で、少年時代に別離した実の父親・島尾明村だった。ある日、捜査一課の係長が何者かに殺害された。捜査本部は内部の犯行を疑い、その矛先は明村にも向かう。夏輝は単独で事件の核心に迫ろうとするが……。幾重にも絡み合った因縁が読者を欺き続ける傑作長編ミステリー。

  • 2015年4月11日読了。連続ドラマになった時に読もうと思っていたのが、ここまでずるずるしてしまいましたが、やっと読了。刑事ドラマががっつりだけど、私は親子の中の方が楽しく見れました。明村の相撲シーンとかクーガーとかおなか抱えて笑いました。明村大好きです。捜査のところは、猟奇的ではなく、ヤクザとかの抗争や警察内部の裏切りとかが主で、だらだらと読める感じです。結末も想像通りって感じでした。ほっこり読める刑事ものでした。あー、明村大好きだ(2回目)

  • あんまり「親子」の絡みがなかったような?

全108件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

雫井 脩介(しずくい しゅうすけ)
1968年、愛知県生まれの小説家・推理作家。専修大学文学部卒業後ひとたびは就職。出版社などを経て、1999年内流悠人(ないる ゆうと)という筆名で応募した『栄光一途』が第4回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、2000年同作でデビューする。
2004年『犯人に告ぐ』が、2004年版「 週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、2005年版「このミステリーがすごい!」で第8位、第26回吉川英治文学新人賞の候補として選ばれ、第7回大藪春彦賞を受賞。豊川悦司主演にて映画化・ドラマ化。代表作となる。
2006年に恋愛小説『クローズド・ノート』を発表し、沢尻エリカ主演で映画化。2013年刊行の『検察側の罪人』は2013年度「週刊文春ミステリーベスト10」4位など評価を受け、2018年8月24日木村拓哉・二宮和也共演で映画化。

ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)のその他の作品

ビター・ブラッド Kindle版 ビター・ブラッド 雫井脩介
ビター・ブラッド 単行本 ビター・ブラッド 雫井脩介

雫井脩介の作品

ビター・ブラッド (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする