結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫)

著者 : 益田ミリ
  • 幻冬舎 (2010年8月5日発売)
4.04
  • (130)
  • (179)
  • (82)
  • (12)
  • (3)
  • 本棚登録 :1152
  • レビュー :135
  • Amazon.co.jp ・マンガ (129ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415249

作品紹介

このまま結婚もせず子供も持たずおばあさんになるの?スーパーで夕食の買い物をしながら、ふと考えるすーちゃん36歳、独身。ヨガ友達のさわ子さんはもうすぐ40歳。寝たきりの祖母と母との3人暮らしで、13年間彼がいない。恋がしたい。いや、恋というより男が欲しい。女性の細やかな気持ちを優しく掬いとる、共感度120%の4コマ漫画。

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 他の2冊でもかなり大きく扱われていた結婚の問題がタイトルに…。
    貸してくれた友人に何て感想を伝えたらいいのやら。

    なんかもうここまでくると憂鬱ですね。
    初対面で勝手に結婚相手としての審査にかけて、その合否を露骨に出してくる人がいますが、迷惑極まりなく、気持ち悪い。
    やめてほしい。
    やめましょう。
    初対面でいきなりあなたとの結婚を望んでいる人はいないということに気付いてくれ。

    さわ子さんの「あいつ やめとこ」に激しく同意。

    結婚すればこの煩わしさから解放されるのかなと思ったら、なるほどそれは楽だと考えてしまう私もきっと十分病んでいる。

  • 一人者で老人になったら・・・、というフレーズが何度も出てくる。でも、結婚してても子供がいても同じだと思う。
    「頼れる夫」「頼れる子供」ばかりがいるわけではない。
    さわこさんのおばーちゃんみたいに寝たきりになる「夫」やずっと面倒みないとならない「子供」がいる可能性だって十分にありうる。一人の方がいいとどれだけ思うかしれない。
    一人だったら、少しでも、今だけでも「泣ける」のにって思うかもしれない。
    結局まいちゃんみたいに、「分岐」に思いをはせて生きていくしかない。
    すーちゃん、保留ボタンは押しっぱなしでいいんだよ。

  • 「すーちゃん」に引き続き、こちらも文庫で購入。
    「すーちゃん」のその後、ですよね。

    今度はさわ子さんが登場しますが、
    またしても、今度はさわ子さんになんとなく
    ほろっとさせられます。
    「あーわかるわー」

    それはついこの前まで、実際わたしもそうだったからかもしれません。

  • 文庫本が出ているのに気づき即買いでした。
    家に帰ってすぐ読んだ。益田ミリさん作品との出会いはこの本だったので。本屋で立ち読み読破して涙する…という経験あり(笑)
    最初に読んだときよりすこし感動は少なめでしたが、
    やっぱり、女子は強し。というか、男の人ってなんで物事深く考えてくれないんだろう。。って感じました。
    でも、私は男子的思考回路かも…もっと何でも深く考えないと。深く考えてから言葉を発しないと。いつも思いつつできないことを、改めて感じさせてくれた、すーちゃんでした。

  • 30台後半のすーちゃんと40歳のさわ子さんの日々が素朴に描かれている。独身であること、将来への不安、介護のことなどについて、それぞれの思いは現代の多くの女性にとってとてもリアルなものだと思う。

  • 生きづらさとか

  • このところハマってる益田ミリさん。

    既婚者ではあるけど、だからといって
    そんなことは関係ない。

    同じ女として、共感できる言葉がたくさん出てくる。

    すーちゃんもまいちゃんもさわこさんも、
    年代や生き方が違えど、みんなたくさん考えてるのだ。
    考えることがいいとか悪いとかじゃなくて、
    ひとつひとつの出来事に、
    ちゃんと向き合って、
    思いを整えてる。


    鈍感な言葉に
    慣れたりしない。

    慣れることは許すこと。

    こういう鈍感な言葉に
    傷つくことができる
    あたしでいたい。

    ふむ。
    傷つきたくないのが人間にけど、
    慣れることも良し悪しなのだね。

    新しい発想!!

  • ー鈍感な言葉に傷つくことができるあたしでいたいー

    男と女、既婚と未婚、母と娘、無職と有職。
    いろんな価値観の違い。
    なってみないと分からないし、後悔もできない。

    人から見たら贅沢な悩みかもしれないけれどね。


    それでも私は、
    ーたくさん考えたおばあさんになるのだ〜ー
    というすーちゃんの言葉がとても好きだ。
    たくさん考えて、歳をとろう!

  • 30歳くらいになったら良い人見つけて結婚しよう…なんてぼんやりと考えています。が、そんな簡単なことではないのかーとこの本を読んで思いました。「両親が子どもを欲しがってるから、病院で診断書もってきて」って…は? 寝たきりの自分の祖母に挨拶もしない弟…は? 姉に世話させといて気も遣えないの?クソ男が!と怒りと諦めの気持ちになりました(男の方すみません。素敵な人もいらっしゃるのは分かっています) しかし、すーちゃんがおばあちゃんに、そうするのが当たり前という風に挨拶をしているのを見て、やっぱり女同士が良いよなーと思いました。自分がしてほしいことを気づいてしてくれるというか、そもそも価値観が合うというか…

  • これほのぼのとした漫画だけど、ある意味”哲学書”じゃん
    とおもえるほど、人生の深いとこをついてる。
    わたしは夫とこどもがいるけど、そんなの抜きにすーちゃんに激しく共感。
    避けては通れない老いや死の不安を40歳の等身大のすーちゃんがカフェレストランの仕事をしヨガに通いながら友達さわちゃんとまいちゃんとかかわりながら、生活していく(生きていく)姿に。

    さわちゃんはあんな男と結婚しなくて大正解!

全135件中 1 - 10件を表示

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫)のその他の作品

益田ミリの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
益田 ミリ
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫)はこんなマンガです

結婚しなくていいですか。―すーちゃんの明日 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする