誘惑のアラビアン・ナイト (ラベンダーブックス)

制作 : Stephanie Laurens  竹内 香織 
  • 幻冬舎 (2010年9月発売)
3.33
  • (0)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :13
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (527ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344415386

誘惑のアラビアン・ナイト (ラベンダーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館の本

    内容(「BOOK」データベースより)
    19世紀、東インド会社の精鋭部隊四人が、それぞれ違うルートでイギリスへ向けてインドを旅立った。インド各地で殺戮や略奪を繰り返すカルト集団のリーダー“ブラック・コブラ”の正体を暴く重要な証拠をイギリスへ持ち帰るためだ。イエメンのアデンにたどり着いたガレス・ハミルトン少佐は、そこで思いがけない人物と再会する。エミリー・エンズワース、死んだ彼の仲間が発見した証拠をガレスたちに届けた女性だった。ガレスは彼女もまたカルト信者に命を狙われていることを知り、ともに旅をすることに決める。一方、エミリーには別の思惑があった。ガレスはもしかしたら“運命の相手”かもしれない。でもどうやって確かめたらいいの?ガレスもエミリーに惹かれていたが使命のために強く自制する。だが極限状況に、いやがうえにもふたりの恋は燃え上がって…。

    うーん、ここで終わり?シリーズなのはわかるけど、ロマンスのほうもねぇ、中途半端。
    エミリーのこのポジティヴ加減はすごい。
    疑わないってすごい能力。

    The elusive bride by Stephanie Laurens

  • 〈ブラック・コブラ・カルテット 2〉東インド会社の精鋭部隊のヒーロー。彼らに証拠の品を届けたボンベイ総督の姪ヒロイン。今回も前作同様のしつこさだったブラック・コブラ。でも組織が崩れるのは間近だねぇ。ロマンスのほうは生死をかけた追撃ゲームの中で2人の気持が燃え上がっていくので まぁ前作と同じかな。ヒロインは前作のほうが個性的だったけど。パスチョンクラブの面々やシンスターの男達が前作以上に増えてきて どう観てもブラック・コブラより強そう(大笑
    いよいよ残り2人。彼らは無事に祖国へ帰還できるのか。楽しみ〜。

全2件中 1 - 2件を表示

ステファニー・ローレンスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リサ・クレイパス
有効な右矢印 無効な右矢印

誘惑のアラビアン・ナイト (ラベンダーブックス)はこんな本です

誘惑のアラビアン・ナイト (ラベンダーブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする