大阪ばかぼんど―ハードボイルド作家のぐうたら日記 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.15
  • (1)
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (297ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344416505

作品紹介・あらすじ

連戦連敗なのにやめられないギャンブル、空恐ろしい妻との尽きない諍い、ストレス性腸炎やバセドー病を発症して軋むカラダ、事故と反則をくらうトラブル続きのマイカー、ペットのカエルは鳴き止まず、オカメインコはやきもち妬き…。ミステリー小説の名手が日々を赤裸々に明かすエッセイ集。軽妙すぎる会話、圧倒的なリアリティはここにも。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 笑いたいときに読むべし

  • 小動物編が特にええな。

  • 小説世界と実生活のギャップが面白い。

  •  夕刊フジに連載されていたエッセイらしい。もう少し読みたいかなくらいの量で終わるのがいかにもそれっぽい。内容も夕刊紙にぴったりのいかにも黒川節。好きな人は好きだろうなと思わせる。読むとマージャンがしたくなる。ペットが飼いたくなる。自分のかみさんが少しだけやさしく思えてくる。ちなみに黒川博行と東野圭吾が同期というのをこのエッセイ集ではじめて知った。

  • 単行本で既読。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1949年3月4日愛媛県生まれ。京都市立芸術大学美術学部彫刻科卒業。大阪府立高校の美術教師を経て、83年、『二度のお別れ』が第1回サントリーミステリー大賞佳作。86年、『キャッツアイころがった』で第4回サントリーミステリー大賞を受賞。96年、「カウント・プラン」で第49回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)を受賞。2014年、『破門』で第151回直木三十五賞を受賞。他の著作に、『悪果』『繚乱』『離れ折紙』『後妻業』『勁草』『喧嘩』『果鋭』など。

「2018年 『雨に殺せば』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大阪ばかぼんど―ハードボイルド作家のぐうたら日記 (幻冬舎文庫)のその他の作品

黒川博行の作品

ツイートする