Q人生って? (幻冬舎文庫)

  • 幻冬舎 (2011年8月4日発売)
3.65
  • (20)
  • (43)
  • (38)
  • (6)
  • (3)
  • 本棚登録 :381
  • レビュー :46
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344417274

Q人生って? (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 短いので帰りの電車の中であっさり読めた。
    力強くばーんと背中を叩かれるわけでもなく、
    説教されるわけでもなく、
    そんなこともあるよねー。相槌を打ちながら、
    優しく、ばななさんの考えを伝えてくれる。
    ほっとする本です。

    ちょっと迷った時、目次を見て自分の気持ちに近いものを読んでみる。
    そんな使い道にしたいです。

  • 読了日2010/02
    立読みで読み終えちゃいました。
    さ~っと読んだだけだけど、すごくいいことがたくさん書いてあって、頼りになるお姉さんに相談してる気分になります♪
    とりあえず、今は大した悩み事がないので買わなかったけど、悩んだ時にはまた読み直してみたい本です♪♪

  • さすが、ばななさん。
    ぶれずに心をしっかりと真っ直ぐに持って、人間臭く、強い。
    忘れそうになったら、すぐに思い出させてくれるくらい近くにいて欲しい人だなぁ。

  • 2016.12.11 読了

  • 出産子育てで超!久し振りに読んだばななさん。
    さすがばななさん、染みる、染みる!
    特に、お姑さんとのおつきあいの件は目から鱗。
    そうだったのか!という気持ちと、なんとなくこれでいいのかな?と思っていたのでよかったのだという気持ちと。

  • 人生相談に答えたものの中から31の質問としてまとめたもの。この本を読んでみて参考にするというよりも人生、人それぞれにいろんな悩みがあって、相談事もなくならないし、悩みもなくならない中で、生きているんだと思った。
    もちろん、悩んでいることの度合や書かれていることで気持ちが楽になることもあります。

  • 関心のある項目だけ読んだ。ざくっと割り切った考えが心地よかった。新鮮な回答もあった。どれにせよ相手を想った答え方をしているのがいい。

  • 読者の質問によしもとばななが応える、といったQA式の内容。人生とは?子育てとは?という深めの質問なのだが、よしもとばななの回答は少し偏屈なように感じる。
    まどろこっしいというか、理屈っぽい。
    筆者のことが好き、という前提があればまだしも、知らない人が読んでも興味を持ちづらい。再読不要

  •  「『自分は自分だけだし、自分だからこそいいこともあるんだし』と自分だけはせめて思ってあげてください」(p96) 今の自分の状況ともよく重なって、勇気をいただいたことばでした。

     女性の社会進出の苦労を問われた質問で、「てきとうでワイルドになっても、いいと思うのです」と言ってのける懐の大きさがあるかと思えば、包み込むような優しさもあって、救われたエッセイでした。嘘偽りのない、着飾りのないことばに心の汚れが落とされる感じがしました。

     ダメな自分も受け入れて、前に進んでいけるような人間になりたいと思います。考え方自体で、人生をもっと得できる気がする!

  • 読者からよく寄せられる人生に関する質問、相談について、吉本ばななが答えていく。
    日々生きている上で何気なく浮かんでくるような疑問に対して、著者の言葉は心に自然にすっと落ちてくる。ちょっと立ち止まって考えたい時にオススメ。

全46件中 1 - 10件を表示

Q人生って? (幻冬舎文庫)のその他の作品

Q人生って? 単行本 Q人生って? よしもとばなな
Q人生って? Kindle版 Q人生って? よしもとばなな

よしもとばななの作品

Q人生って? (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

Q人生って? (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする