エスケープ! (幻冬舎文庫)

著者 : 渡部健
  • 幻冬舎 (2011年8月4日発売)
3.27
  • (1)
  • (9)
  • (12)
  • (4)
  • (0)
  • 70人登録
  • 15レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344417281

エスケープ! (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • アンジャッシュの「勘違いコント」の小説版。

    非常によく練られておりそれぞれの「勘違い」のからみ方も絶妙である。

    ただこの本は普段二人でやっているコントを人数を多くして小説風にした、という印象はぬぐえない。

    コントの脚本としては素晴らしいが読み物の小説としてはちょっと物足りない。

    でも、ネタとしては嫌いじゃないので今後も小説を書いて欲しいですね。

  • 空巣未遂の2人が偶然関係を持ってしまい、あたふたする話。アンジャッシュのコントを読んでるとしか思えない。まとまってはいるけど、小説としては面白くないです。

  •  アンジャッシュ渡部建さんの小説。読んだきっかけは、これもまた「渡部大好き芸人」(笑)。

     始めの第一章を読んでいるときは、なんだかなぁ……と思っていました。
     でも、第二章、第三章、第四章と読み進めていくうち、そういうことだったのか!となります。
     ネタバレしてしまうといけないので内容には触れませんが、まさにアンジャッシュのネタだなぁとひしひし感じたのです。

  • 面白いけど小説ではないね。
    小説を読んでるというよりアンジャッシュのコントを見てる感じ。
    空き巣コントの小説版(笑)
    第1章は空き巣コントで言う渡部視点で話は進む。
    第2章は空き巣コントの児嶋視点。
    第3章は主人公シュウ(空き巣コントで言う渡部)の彼女視点。
    第4章はアンジャッシュらしいオチ。
    アンジャッシュのコント見てる人なら展開が読めてしまう。
    アンジャッシュ・コント・お笑い・小説をあまり読まない、人にはお勧めできるけど小説好きの人にはあまりお勧めしない。

  • 平凡な将来に不安を感じた大学生のシュウ。彼女との関係も破綻気味で、自棄になった彼は、空き巣計画を立て実行する。シチュエーションコントの第一人者である作者の小説デビュー作。
    アンジャッシュが得意とする『勘違いコント』そのままに、将来を悲観する青年と中年男が神様のいたずらに翻弄される。ご都合主義と言われればその通りだが、小市民の危機が迫った時のオロオロ感の表現が巧い。もっと小説を書いてほしいと思わせる。

  • 面白い。まさにアンジャッシュの漫才を見ているような感じ。三人の視点から書かれているので奥行きもあり漫才以上に面白くなっている。

  • この小説、アンジャッシュのコントが発想のもとになってると思うので、多少展開が読める点もありましたが、主な登場人物が3人いて、それぞれの視点で描かれていて、誤解が誤解を読んで、物語が進んでいき、最終的にオチがある、といった感じで、結構高度なことをやってるなあと思ったりしました。

    なので、渡部さんはグルメな芸人さんとして有名ですが、また小説書いたらいいのに、と思ったりしました。

  • まあまあ

  • 2014年9月10日読了。

  • ちょっと軽いかな?というのが読後の感想。
    普通の大学生が知り合いの家に泥棒に入るってちょっとリアリティないでしょ?
    もっと泥棒をせざるをえない状況とかそのへんの背景があればよかったかなぁ、と思います。(なんか上から目線になってますね。。申し訳ない。)
    あと、私は主人公の彼女にあんまり好感持てませんが、こういう女性が好きな男性もいるんだなぁ、と勉強になりました。

全15件中 1 - 10件を表示

エスケープ! (幻冬舎文庫)のその他の作品

エスケープ! 単行本 エスケープ! 渡部健

渡部健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

エスケープ! (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする