陽はまた昇る エピソード0 刑事・遠野一行と七人の容疑者 (幻冬舎文庫)

  • 幻冬舎
2.83
  • (0)
  • (1)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 38
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (233ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344417335

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ドラマの小説版。
    それぞれに事情があって、重い…

  • ドラマの再放送を見て、この本が出ていることを知って読んだ1冊。
    ドラマを見ていたからこそ、終わってしまって寂しいと思ったからこそ面白いと思えたけれど、いきなりこれを読んだら薄っぺらく感じてしまうと思う。

    でも、杉崎と共に安西を逮捕した時の話が読めるのかと思ったので少し拍子抜け。
    でも、ドラマ最終回でのやり取りの1シーンや、ドラマの初めに繋がっていくのでそれはそれで楽しく読めました。

  • イタリアンがオープン初日に燃えて死人が出たけど生き延びた人等に共通点がなくてダメ人間だけど優秀な刑事が怪しむ話。

  • ドラマをみていて最終回の告知でこの本の存在を知った。すぐに本屋さんを見て回ったけれどなかった…。けれど忘れていた頃に発見!即購入。思っていた以上に読んでみたら割とあっさりとしていた。

  • 遠野さんはなー、どうして奥さんのことをもっとちゃんと見てあげて素直になれなかったのかなぁ。ドラマの結末は結構悲しかったよ。もう少しだけ素直であれば、違ってたかもしれないと思うから。

  • TVドラマ「陽はまたのぼる」で佐藤浩市さん演じる警察学校教官・遠野一行の刑事時代のストーリー。

    ドラマを見て、面白かったので読んでみたのですが、ドラマの放送前に
    やってた2時間ドラマ「最後の晩餐 〜刑事・遠野一行と七人の容疑者〜」
    の小説版だったようです・・・。

    その2時間ドラマもうーん、って感じでしたのでその小説版もまぁ・・・。
    やはり最後の犯人解ってからの語り部分が、長く感じました。

  • 津市津図書館----安濃図書館。

    TVドラマ「陽はまた昇る」の過去篇。

  • ドラマを観て面白かったのと、遠野一行の刑事時代に興味を持ったので、本書を手に取ってみた。とても読みやすい文章で
    ドラマには無かった遠野の妻・奈津美が何故、家を出たのか?の
    くだりも分かり良かった。
    ただ、ラストで遠野が容疑者の背景を1人、1人、語っていくのは、やや中だるみ気味で(容疑者の背景がわかるのは良いけれど)一気に事件を纏めてしまった駆け足感が強く残った。
    内容が全般的に面白かったので、続編を期待したい。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

兵庫県神戸市出身、立命館大学卒業後、テレビ東京勤務を経て、1991年、脚本家デビュー。『ひまわり』『GOOD LUCK!!』『白い巨塔』『14歳の母』『マチベン』『昼顔』など。向田邦子賞ほか多数受賞。

「2018年 『ハラスメントゲーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上由美子の作品

ツイートする
×