新撰組捕物帖 (幻冬舎時代小説文庫)

著者 : 秋山香乃
  • 幻冬舎 (2011年10月12日発売)
4.05
  • (6)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 66人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344417588

新撰組捕物帖 (幻冬舎時代小説文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 単行本では『源さんの事件簿』となってたように、新撰組を舞台にしたミステリという感じです。
    お人好しからいろんな事件に首をつっこみ、それを解決していくお話。

    源さん主役はあまりないのでどんなものかなと思って読み始めたけどこれが面白かった。
    途中まではミステリ感覚で楽しんでたが、最後の『源さんの形見』にはうるっとした。

    この作者の『歳三 往きてまた』も買ってあるので読むのが楽しみ。

  • 「源さんの形見」「新撰組恋騒動」が好きです。
    源さんのお人好しさが良かったです(^^)

  •  一応捕物帖なのでミステリーでもいいような気がしたけど、結局のところ、新撰組の源さんを書きたかったんだろうなってことで<歴史>カテゴリーに。

     「歳三往きてまた」も滅茶苦茶よかったけど、これもすごくよかったです。
     
     ステレオな新撰組像と、秋山氏の描く新しい視点とがきれいにまざりあって、新鮮だけどなんか懐かしいそんな群像劇になってます。
     でもって、お人よしの源さんがめっちゃ格好いい。
     まぁ、どんな媒体でも源さんの立ち位置はこんな感じなんだけど、それに過不足がないところがすごいと思う。

     土方のツンデレっぷりも、沖田の無邪気っぷりも、ツボをがっつりおさえてますって感じで、もう「やられました」って平伏したいぐらいだ。

     最終話の「源さんの形見」では号泣させていただきました。
     不器用にしか、それでも夢を追う生き方しかできなかった、徒花としての彼らの鮮やかさが切ない…。

  • 源さんこと、新撰組の井上源三郎。こんなに暖かい人だったのでしょうか。

    この源さんは、とにかく江戸の時代劇の岡っ引きの旦那のような、温かくて、世話好きで、みんなの兄のような、おじさんのような存在です。

    幕末ユーモアミステリーといったところでしょうか。5話中3話は、人殺しが発端となる話ですが、恋バナのエッセンスや、おいしそうな食べ物の描写が絶妙に挟まれているので、新撰組のシビアな部分を描いた本ばかりを読んで、救いを求めてるときに、お勧めです。

    今まで読んだ本の中のイメージからすると、源さんが格好良過ぎるかな。決して2枚目に描かれているわけじゃないけど、この源さんは、格好いいです。

    直前に、木内昇「地虫鳴く」を読んだのですが、そちらでもメインの一人である、尾形俊太郎のキャラも、かなり違っています。どちらの尾形も好きですが、格好いいのは、この秋山版の方ですね。この作品中、一番好きなキャラかも。

    かなりフィクション寄りだけど、魅力的なキャラクターがたくさん出てくる、楽しい作品です。

    新撰組の悲しいところは、いくら楽しい時間があっても、すぐに終わりが来てしまうところ。最終話は、源さんが亡くなったあとの話ですが、しんみり、いい話で、全体をまとめてくれます。

  • 秋山香乃

  • 新撰組におけるみんなの兄貴、源さんこと井上源三郎が、そのお人好しな性格から首を突っ込むことになる四つの事件。
    最後の第五章「源さんの忘れ形見」はさすがにしんみりした内容だけれど、その前の四章は源さんの人柄が反映された楽しい話。新撰組ものが読みたいけれど、軽めの物が読みたい時にお勧め。

  • 新選組の心の癒し井上源三郎。
    こういう人もいたから、新選組は成り立っていたのでしょうか?

  • 「トシ、いつも世話になっているのにすまねえな」「源さん、な~にいいってことよ。今回はあんたが主役だ」ということで、おせっかい焼きの源さんが主役です。『新撰組血風録』では源さん危機あらば完全武装の組総動員で駆けつけ、本著では近藤局長から鬼の副長の尾行という特命も受ける新撰組の中で不思議な立場にいる源さん。圧倒的な強さはないが情に厚く、名探偵よろしく様々な事件を解決していく。一変クールな尾形俊太郎も源さんの前では照れ屋さん。土方、沖田といった新撰組隊士もいいキャラクターで楽しい作品でした。

  • 井上源三郎が主役の短編集。
    人情家の源さんがよく描かれてます。
    助手的役割は中村久馬と尾形俊太郎、さりげなく土方さんや総司がフォローしてるのが好ましいです。
    最後の話は捕物帖になっておらず、歴史を駆け足でなぞってたのが残念でした。

  • 井上源三郎が主人公の短編集。最初の話があんまり面白いと思えなくて途中で止めようかと思ったけど、後半になるに従って良くなっていった。
    最後の一編は、歴史の流れを短編で追おうとしているために時の流れが駆け足なのが残念だったけど、上手くまとまってると思います。土方ファンの私は函館時代が特に好きだから、思い入れもあるし、最後はどうしても切ない。
    源さん好きになりました。

全12件中 1 - 10件を表示

秋山香乃の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
秋山 香乃
五十嵐 貴久
有効な右矢印 無効な右矢印

新撰組捕物帖 (幻冬舎時代小説文庫)に関連する談話室の質問

新撰組捕物帖 (幻冬舎時代小説文庫)はこんな本です

ツイートする