公爵と王子のはざまで (ラベンダーブックス)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 摩耶るり子 
  • 幻冬舎 (2011年11月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344417700

公爵と王子のはざまで (ラベンダーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ2作目。架空の公爵を理由に求婚を断り、初恋の王子様を待っていたヒロインポピーと、情報局で働いているニコラスの話。
    スパイを割り出す為の任務とロマンスが並行して進むが、小手先の話って感じで先が知りたいっていう意欲もわかず、他の本に浮気しながらやっとラストまで、ストーリーに深みが無い。

  • 初恋の相手ロシア王子を思い続けていたヒロインは 嘘の婚約者を作り上げていたのに まさかご本人(ヒーロー)が登場してくるなんて驚愕だろうな。しかも恋焦がれていた王子が腐れ男でガックリ。でもヒーローがいたおかげで比較できる対象が身近にいて良かったじゃないのと前向きに考えてみるべきだ(笑
    王子の双子の姉が性格悪い嘘つき女でイヤな奴だったなぁ。王女だからってそんなバカな嘘つくのか?あの絵は本当に大切な宝物だと思うから最後は解決してホッとした。

全2件中 1 - 2件を表示

キャラン・クレイマーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リサ・クレイパス
ジョージェット・...
有効な右矢印 無効な右矢印

公爵と王子のはざまで (ラベンダーブックス)はこんな本です

公爵と王子のはざまで (ラベンダーブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする