背徳のパラダイス (ラベンダーブックス)

制作 : 五十嵐とも子 
  • 幻冬舎
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344418011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1801年のイギリスを舞台に会員制クラブ(悦びの館)の経営者ヘレーネとフィリップのロマンス

  • シリーズ3作目。「ヘレーネの館」経営者ヘレーネ・ダロニイ36歳と、18年前に出会ったフィリップ・ロス38歳。フランス革命の牢獄から始まる苦難に満ちたヘレーネが、フィリップ・ロスとの出会いあたりから自立していくのと違い、再会後のフィリップはすっかりヘタレていてひがみっぽいオジンとして登場。その後段々復活はしますが、1作目のヴァレンティンのようなカリスマ性には欠け、読みやすいが強烈さはイマイチでした。4作目はヴァレンティンの弟アンソニーがやっと登場。すっかりM属性となっているヒーローと、ヘレーネの15才の時の娘マルグリットがどうなるのか楽しみです。

全2件中 1 - 2件を表示

ケイト・ピアースの作品

背徳のパラダイス (ラベンダーブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする