走れ!T校バスケット部 4 (幻冬舎文庫)

著者 : 松崎洋
  • 幻冬舎 (2012年2月9日発売)
3.50
  • (4)
  • (12)
  • (15)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :135
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344418127

走れ!T校バスケット部 4 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 止まらない

  • 前作でも感じましたが、本作はもう「走れ!元T校バスケット部メンバー達!」というノリ。フードファイターになった健太。シエラレオネに行った俊介。人を生かすことの悦びを知り始めた陽一。あと、T校メンバーじゃないけどのぞき魔の彼女の真湖。

    この辺りが本作の中心人物ですかね。大活躍という点では、健太級に素質のある楠木を育てる陽一も悪くないですが、やはりメガネの存在が凄まじすぎる… いくらフィクションとはいえ、これはやりすぎだろwww と。

    まぁ恐らく小中学生向けの作品だろうから、これくらいの分かりやすさが必要なのかもしれませんね。

    さて、本作ラストに陽一がついに指導者としての道を歩み始めます。この先の展開を煽る内容がまた秀逸でね〜 N校女バス部も、公園で見かけた金髪少女の存在も、気になって仕方ない。早く5巻が読みたくて仕方ない今現在であります。

  • 2012-131
    大学生の陽一が進路を決める。
    引退試合。

  • T校の面々の大学時代を描いた物語

    高校の友達って良いなと思える話

  • 走れT校バスケット部4

    3巻を読み終えてから時間が経ってしまったが
    Amazonのオススメに大好きだった走れT校バスケット部が
    6巻まで発売されてることに気が付き
    再開させてもらった。

    バスケを大好きな高校生
    陽一がバスケのエリート校でいじめを受け
    バスケの強くもないT校に転校し
    主人公の初めての挫折から始まった物語。

    4巻はそんな陽一とにT校で知り合った
    新しい仲間達の卒業後の話。

    バスケットボール未経験者の小川先生のおおらかさと
    魅力的なバスケ仲間に支えられて
    挫折から立ち上がった陽一達のその後は
    非現実的かもしれないけど誰もがユニークで
    バスケの話から遠ざかった三巻よりは陽一が入学した大学バスケの話も久しぶりに楽しむことが出来た。

    5巻に続く下りも陽一の新しい門出が
    順風満帆ではなく充実した物語が続く予感。

    また通勤時間が楽しみな作品との再会となりました。

  • 進路に迷ってる人に光をさしてくれる感じでした。

    仲間を大切に、いろんな人との出会いを大切に。

    人は人を通じて成長できるって思いました!

全7件中 1 - 7件を表示

走れ!T校バスケット部 4 (幻冬舎文庫)のその他の作品

松崎洋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

走れ!T校バスケット部 4 (幻冬舎文庫)はこんな本です

走れ!T校バスケット部 4 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする