赦し (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.15
  • (1)
  • (5)
  • (17)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344419193

作品紹介・あらすじ

十年前に逝った妻子への贖罪の想いを抱え、日高は日雇い労働者としてひっそり生きていた。しかし、元医師である彼は、気持ちとは裏腹に、老女の院内感染、母親による幼児虐待という、ふたつの「死」の疑惑を追うことになり、人生が動き始める-。ベストセラー『償い』の"ホームレス探偵"が、哀しき人々を取り巻く謎に迫る、感涙のミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ちょっといまいち!
    感涙のミステリと紹介にありましたが、盛り上がりに欠けて、淡々と読み進めてしまう物語でした。
    「償い」の後の物語。
    「償い」を読んでいないと今一つ楽しめない設定なのかも。

    ストーリとしては、その「償い」の主人公の物語です。10年前に逝った妻子への贖罪の思いを持ちながら、元医師の日雇い労働者が主人公。
    彼の住んでいたアパートの大家さんの死をきっかけに、その遺産相続に巻き込まれます。
    また、一方で、母親による虐待で幼児死亡という事件にも巻き込まれます。
    大家さんの死亡の真相は?
    幼児を殺したのは本当に母親なのか?
    主人公はなんでも首を突っ込んで、その探偵役として真相を明らかにしていく物語。

    いまいち、この主人公に肩入れできない。さらに登場人物達もスッキリしない。
    死の真相というところに対しても、スッキリしません。
    伏線もいまいち。
    そして、終わり方もいまいち。

    ということで、直球で言えば、はっきり、スッキリしない物語で納得感が得られない物語でした。
    残念。

  • 2013年8月

  • 十年前に逝った妻子への贖罪の想いを抱え、日高は日雇い労働者としてひっそり生きていた。しかし、元医師である彼は、気持ちとは裏腹に老女の院内感染、母親による幼児虐待という二つの「死」の疑惑を追うことになり、人生が動き始める――。62万部突破のベストセラー『償い』の“ホームレス探偵"が、哀しき人々を取り巻く謎に迫る、感涙のミステリ。

  • ミステリーの部分が少ない。
    でも好きなシリーズなので、次回に期待。

  • 主人公が直面する2つの出来事。

    いつ繋がるのかな?そろそろ繋がるかな?残ページ少ないけど間に合うかな?
    って思っているうちに何となく終わってしまいました。

    出来事自体は繋がらないものの、主人公の心情や思考に共通した影響を与えてるのはわかります。
    ただそこはやっぱり出来事同士を繋げてほしかったです。

  • 2012/11/22読了

  • 2012/9/29 Amazonより届く。

全7件中 1 - 7件を表示

赦し (幻冬舎文庫)のその他の作品

赦し (幻冬舎文庫) Kindle版 赦し (幻冬舎文庫) 矢口敦子

矢口敦子の作品

ツイートする