獅子のごとく 上 小説 投資銀行日本人パートナー (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.83
  • (10)
  • (25)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :160
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420014

作品紹介・あらすじ

勤務する東立銀行に実家を破綻処理された若き銀行員・逢坂丹。カネに対する執着心を滾らせて米系投資銀行に移籍し、バブル期の日本に舞い戻る。昼夜を分かたず取引に狂奔しながら権謀術数を駆使し、社内のライバルを蹴落としてゆく。世界に君臨する巨大米系投資銀行でのし上がる日本人の虚像と実像を迫真の筆致で描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この作家さんの小説はどれも好き。でもこの「獅子のごとく」の主人公は今まで読んだ作品とはひと味違うかも。小説の中であれば好ましくはないまでもある程度は共感できるが、実際にこんな上司の下に付いたら即辞表出すかも。でもとにかく面白かった。

  • 下巻に譲る

  • 下に続く

  • 下で。

  • 読了。レビューは最終巻で。

  • 主人公の逢坂丹が自らを裏切った邦銀から外銀へと移りパートナーへとのし上がるストーリー展開に引き込まれる。

  • 自身が所属する銀行に実家を潰された後、投資銀行に転職し活躍していく物語。
    同じく黒木亮の作品である巨大投資銀行と舞台設定は似ているが、主人公の性格は全く異なる。
    こちらは金の亡者という感じ。

  • 邦銀を辞めてアメリカの投資銀行に転職した逢坂丹(おうさか・あつし)は、父親の会社をつぶした出身銀行への恨みを晴らすごとく、がむしゃらに働き、違法すれすれの取引にも手を出すやり手である。『巨大投資銀行』の桂木英一とは対照的な「金の亡者」であるが、その生き様には、賛成できずとも、理解できるものがある。黒木氏の他の小説と同じく、実際にあった企業スキャンダルやM&Aの案件を模してストーリーが展開するので、よりリアリティのある作品となっている。

  • GS持田さんをモデルとした小説。
    実在の人物や、実際の出来事と絡めてストーリーが進むのでとても面白かったです。
    景気や政治にかなり左右されるこの業界においても、人に好かれる、というのがかなりの強みになるのだなと。あとはやっぱり反骨精神なのかな。

    数百億も資産があったら一体どんな暮らしをしてるのかみてみたい!


    Dec, 2013

  • とりあえず下巻を読んでみます。

全12件中 1 - 10件を表示

黒木亮の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
真山 仁
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

獅子のごとく 上 小説 投資銀行日本人パートナー (幻冬舎文庫)はこんな本です

獅子のごとく 上 小説 投資銀行日本人パートナー (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする