神々の午睡 (幻冬舎文庫)

  • 幻冬舎
3.49
  • (6)
  • (24)
  • (31)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 220
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420571

作品紹介・あらすじ

その昔、神と人が共に暮らす世界があった。ある日、雨の神に選ばれたばかりのシムが降らせた恵みの雨が、止まなくなってしまう。姉を心配し、彼女のもとへ向かった弟のリュイは、その原因がシムの恋にあることを知る。彼女は人間の若き細工師に一目惚れをしていた…。恋愛や友情が人間だけのものでなかった頃の、優しく切ない六つの連なる物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あさのあつこさんといえば『バッテリー』や『The MANZAI』といった青春小説しか知らなかったのだけど、鈴木康士さんの装丁画に惹かれ、思わずジャケ買いしてしまった本書。
    神と人とが共に暮らす時代の神話が6編。

    雨の神に選ばれたシムチャッカは、自分への捧げ物のために寝食を忘れて装飾品を彫り続ける細工師に恋し、
    皮肉屋の死の神グドミアノと醜いがゆえに忌み嫌われる心優しき沼の神フイモットの奇妙な友情、
    一世一代の恋に破滅を迎えた哀しい人間、
    天真爛漫でおてんばな風の神と盗賊たちのふれあい、
    神の失敗によって翻弄された、叔父と皇子の哀しい約束。
    少しだけ、人間のできないことができ長く生きるというだけで、地上に生きる人間となんら変わりない神々の存在。
    戦乱も諍いもあふれているけれど、
    小川のせせらぎのような、
    木漏れ日を浴びながら森の小路を歩いているような。
    物語のなかには、牧歌的で、やさしい時が流れ続けている。
    読み終えた時には、なんだかもったいない気持ちに。
    もう少しこの世界にいて、他の神さまのお話も聞いていたかったな、という名残惜しさを感じた。

  • 何年か前に買ったままだったものをようやく読みました。面白い。個人的にはフイモットが好き。あさのあつこ先生のストーリーは本当にすき。読んだ後のこのほっこり感があさのあつこ先生だなぁと感じます。日頃ミステリー読んでる私には一種の癒し?なのかなぁ

  • その昔、神と人が共に暮らす世界があった。ある日、雨の神に呼ばれたばかりのシムが降らせた恵みの雨が、止まらなくなってしまう。姉を心配し、彼女のもとへ向かった弟のリュイは、その原因がシムの恋にあることを知る。彼女は人間の若き細工師に一目ぼれしていた・・・。恋愛や友情が人間のものでなかった頃の、優しく切ない六つの連なる物語。

  • 34/182

  •  要するに、神も人と大差ないのだ。愚かな過ちを犯し、後悔し、ときにしょげ返ったりする。泣いて、すねて、嫉妬する。
     しかし、人間たちはそんな神を敬愛し、頼り、畏れ、たまに……たまに困り果てながらも、崇めて暮らしている。祈りを捧げ、感謝を捧げる。神々も人を慈しみ、その日々を守り支えていた。
     この地では神々と人々は互いを尊び、大切にしながら長い時を共に生きてきたのだ。
    (P.274)

  • 想像してた以上にファンタジーだった。人名も植物や動物の名前も洗練されてると思った。こういう作品もいいな。

  • ☆3.8
    愚かで聡明、だからこそ愛おしい神々と人々の話。
    神も人のように恋に落ち、嫉妬する。
    特定の国や文化が描かれているわけではないけれど、日本が古来より信仰してきた八百万の神のように、ローマやギリシャ神話のように様々な神々が登場する。
    私としてはぜひフィモットと沼の淵で静かに語り合ってみたい。

  • 人と神と、その間。その差とは何か。読む歴史。

  • 神様と人間の関係を取り巻く短編連作本。
    本当に午睡みたいに、物語自体に勢いはないです。ゆるやかで、全体の雰囲気としては童話に近いです。
    日々の疲れを癒してくれそうな、そんな一冊でした。

  • 人間と神が交わりながら暮らしていた頃のお話。登場する神様はみんな、とても個性的で、童話のような作品でした。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

神々の午睡 (幻冬舎文庫)のその他の作品

あさのあつこの作品

神々の午睡 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする