約束の日 安倍晋三試論 (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (1)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 43
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420663

作品紹介・あらすじ

明確な理念と果断な実行力で日本改造に着手した第一次安倍内閣は、なぜ一年で崩壊したのか-。戦後最年少の五十二歳で首相に上り詰めた安倍晋三の無念と決意。約束の日とは何か。十一月二十五日、同じ日に首を刎ねられた吉田松陰、三島由紀夫になぞらえながら、文学とは対極にある政治家を、文藝評論の対象にしたスリリングな試み。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 安倍の戦後レジームからの脱却は愚直なまでの理念政治だった。
    敵味方を含め、誰にとっても全てが未知だった。そして政治的朝鮮とはいつでもレコンキスタ(失地回復)に他ならない。失われた価値の回復への衝動こそが政治的な情念の始原である。

  • 第一次内閣、戦後レジームに無謀極まる戦いを挑み、官僚とマスコミを敵に回して壮絶な戦いを展開し、道半ばで横死した。

    安倍叩きは社是。。主たる情報源はマスコミでしたから、バッシングの結果しか知り得なかったわけか。状況は変わったのだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

文藝評論家、社団法人日本平和学研究所理事長。1967年生まれ。大阪大学文学部卒業、埼玉大学大学院修士課程修了。フジサンケイグループ主催第18回正論新風賞、第1回アパ日本再興大賞特別賞受賞。著書に、『小林秀雄の後の二十一章』『約束の日--安倍晋三試論』(以上、幻冬舎)、『左巻き諸君へ! 真正保守の反論』『徹底検証「森友・家計事件」――朝日新聞による戦後最大の報道犯罪』(以上、飛鳥新社)、『最後の勝機(チャンス)』(PHP研究所)など多数。

「2022年 『安倍晋三の遺志』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川榮太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×