正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.13
  • (3)
  • (8)
  • (32)
  • (2)
  • (3)
本棚登録 : 184
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344420984

作品紹介・あらすじ

猿倉佳奈美は「幽霊が見たいのに霊感ゼロ」の女子高生。"見える"と噂のイケメン同級生ユウに近づくと、彼の兄・鳴神佐久は霊現象を数学で解説する変人霊能者だった。「悪霊に会ってみたい」という佳奈美に、佐久は「片化粧」という呪術を教えてしまう。するとユウが激怒。彼には何が見えている?ホラーだけど胸キュンの青春オカルトミステリ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 不思議なタイトルですが、オカルト×恋愛ミステリーと言う感じでしょうか。

    猿倉佳奈美(カナ)は、今時の女子高生。
    幽霊が見たいのに、霊感ゼロ。

    友達のメイコと共に、幽霊に出会うため、八方手を尽くす。
    そして、出会った同級の鳴神雄作(ユウ)や、彼の兄で大学生の鳴神佐久(サク)。

    2人は、鳴神家の当主とその弟。昔から鳴神家の男性は霊感が強く、代々拝み屋を継いで来たと言う。

    ある事件から、カナ、メイコ、ユウ、そして佐久たちは、実家の鳴神家の蔵へ向かう。
    そこで、見たものは?

    友人メイコに付いた憑依霊を除霊するために、ユウたちが取った行動とは?

    最後は、しみじみホロリとさせます。
    そう来たか...
    人の想いは、霊となっても、人に寄り添うものなんですね。

  • とても良い本に出合った。読み終わった瞬間、『もっと読みたい、続編あるのかな!』と気になって検索してしまったほど面白かった。
    個人的にですが、霊的な物と数学的な物って結び付けて考えたら面白いと以前から思っていたので、まさにドンピシャな話。
    青春×ホラーとか青春×ミステリーが私のツボなんですが、それらが全部かけ合わさった本を、何故今まで知らなかったんだ私は?!

    数学的な要素で専門的なことはさほどなく、みんな大好き「ゲーデルの不完全性定理」がさらりと説明されてたりする程度。
    何というか、霊媒師・佐久の「霊の捉え方」が理系というか、理論的な感じ。
    例えば「人と動物」とか「現代人とものすごく過去の人」など、かけ離れた環境にある物は波長が合わないから見えづらいとか。
    脳の病気で自分の右半分しか認識できない人が霊になった場合は、右半分が二つ付いた姿で出てくるとか。
    その理屈っぽさが面白かった。

    キャラが立っていてライトな感じで読み進められるけど、ホラーな要素はしっかりある。
    一つ目小僧のくだりはモロで、霊感がある人が知る(思い描く)それと、霊感がない人のイメージが食い違うこと・およびその理由にはびっくり&納得。
    キャラクターで良かったのは、何といっても弟・雄作ことユウ。
    高校生やらしとくはもったいないほどのしっかり男子で、おかん目線・同級生目線、どちらでも『これは惚れるわ…』というキャラ。
    表紙の絵から、勝手に兄の佐久の方に期待(?)していたのですが、弟に軍配ですね。

    ミステリー要素は、最後のどんでん返し・主人公の正体に尽きます。
    後半で何となく察しはついてたものの、初めから伏線が張ってあったことに気づいたのはだいぶたってから。やられましたわ。

    最後の10ページくらいがニヤニヤドキドキ。ホントこれ、無いんですか、続き(笑)。

  • もっと数学っぽくしても良かったのでは?

  • 会話調で進むため読みやすく、なかなか楽しめた。
    オカルト?ホラー?ミステリー?
    ちょっとどの立ち位置かよく分かりませんが、オカルト知識が盛り込まれており勉強になりました(笑)
    個人的にノート②のお話が切なく印象的でした。
    そしてラストの展開にそっちかー!と思わずツッコミ。
    最後はほっこりする展開でした。

  • どうしても幽霊を見たい主人公は、幽霊が視える、と噂の
    同級生を友人から教えてもらった。

    それが理由で話しかけられたら、嫌だろうな、ですが
    あっけらかんとしている主人公に、毒気が抜けます。
    面白がっているようにも思えますが、何だか違う感じ。
    いや、見たいのは見たいみたいですが。
    と思っていたら、なラスト。
    思いっきり騙されました。

    幽霊について、落ちが分かるまでの4話分が
    そのための布石だというのに驚きです。
    最後まで読んで、ざ~っと流れていく、今までの情報。
    このために組まれた、と言っても過言ではない話達に
    面白かった! としか言いようがありません。
    ただ…同級生の兄については、若干問題あり?w

  • 二宮敦人

  • 霊と正三角形を関連付けた考え方が面白い。ラストまで来て、まんまと騙されたと気づく。カバーイラストでキャラのイメージできちゃってるしなあ。続編が出たら読んでみたい。

  • 霊×数学という、霊を数学の観点で合理的な論理展開をしていくのは発想が面白かった。霊をあるがゆえにリアルさは無いが、各章に散りばめられた伏線が最終章に一気に繋がっていくのは爽快感があった。結果的には可愛い少女の恋物語なんだけど。。。

  • 2016/3/23
    これはちょっと若すぎた感。
    私より先に読んだ父はどんな気持ちで読んだのであろう…w

  • 2016年3月16日読了。
    2016年82冊目。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

二宮敦人(にのみや あつと)
1985年、東京都生まれの小説家、ホラー作家、推理作家。一橋大学経済学部卒業。携帯小説サイト「魔法のiらんど」「E★エブリスタ」でホラー小説を発表し、2009年に『!(ビックリマーク)』でデビュー。妻が東京藝術大学彫刻科の学生だったことから、多数の藝大生に取材しノンフィクション『最後の秘境 東京藝大』を執筆、ベストセラーとなる。著書に『郵便配達人 花木瞳子が盗み見る』『一番線に謎が到着します』など多数。2019年4月11日、『世にも美しき数学者たちの日常』を刊行。

二宮敦人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

正三角形は存在しない 霊能数学者・鳴神佐久に関するノート (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×