自分なくしの旅 (幻冬舎文庫)

  • 幻冬舎 (2013年10月10日発売)
3.66
  • (6)
  • (10)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :89
  • レビュー :10
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344421004

作品紹介

美大を目指し、京都から上京した浪人生の乾純。美術予備校へと通う純の前に"東てる美"に似た美奈が現れた。即、恋に落ちた純は童貞を捨てて、覚えたてのセックスにのめり込んでいく。だが受験を前にして、親の愛情は重くのしかかり、友人たちとの距離は広がり、すべてが混乱のるつぼと化していく…。自分を見失った果てには一体、何があるのか。

自分なくしの旅 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • みうらじゅんの世界でした。笑
    自伝的小説なのでどこまで本当なのかはわかりませんが面白かったです。
    あらすじは京都から上京し美大を目指し浪人生活を送る乾純(みうらじゅん)。美術予備校で知り合った美奈と恋に落ち、童貞を捨て、覚えたてのセックスにのめり込む間に美術の勉強も家族とも地元の友達とも距離が広がり混乱していく話です。笑
    登場する女性。美奈はいわゆるお嬢様の女子大生でそんな感じの子が乾純(みうらじゅん)のどこになぜ惚れていたのかなと…。
    っていうぐらいこの乾純(みうらじゅん)はなよなよしてます。
    まぁ自分のどこが好きなのかなんて相手にしかわからないことですが。
    ただ、みうらじゅんが急に彼女に対して冷めていってしまう様子や家族に対して後ろめたい気持ちになるところは少しわかってしまいました。笑
    やっぱりみうらじゅんは頭おかしいです。

  • みうらじゅんの自伝的な小説。
    自分がだんだんなくなっていく、というタイトルにやられて一読。内容としては本人が自作していた歌の歌詞などもしばしば登場。ただし内容としては、イマイチ。。。かなぁ。ただ年をとる度に、自分がなくなるという感覚をネーミングをすることに脱帽です。

  • みうらじゅんの自伝的青春小説。

  • 偉人:みうらじゅんの童貞伝記。ブッディストらしい小説家と思ったら、青春悶々小説だった。昭和の中央線沿いのかほり。


     等身大という言葉がぴったりな小説だったなぁ。大都会「凍狂ーTokyoー」に勇み繰り出したちっぽけな青年はそこで自分の限界と直面する。

     自分探しの旅というものは、まだ見ぬ自分の可能性に出会うためにあるのではなく、自分の限界に直面するためにある。「夢に見る自分」を亡くす為の旅、それが自分なくしの旅だということ。

     あれもやりたい、これもやりたい、きっとできる、たぶんできる、、、自分の可能性ばかりを膨らませ、実際にチャレンジしないことで有能かもしれない自分を保ち続ける。心理学の防衛機制で言うところの「逃避」これが若者の原罪のひとつ。
     多すぎる選択肢を絞ることの大切さ。

  • ネットでむかしのラジオ番組などが聴ける昨今、
    近ごろは、「みうらじゅんと安齋肇のTR2」という2003年4月から2005年3月まで、J-waveで深夜に放送されていたものを1回目から順に聴いていっている。

    番組の内容は、8割方が下ネタといった印象なのだが、実際にはもう少し少ないかもしれない。
    下品といえば下品だけれども、面白くてたまらない。
    みうらじゅんのトークはたまらなく面白い。

    某缶コーヒーのCMでは、タモリのお仲間という名目で山田五郎と一緒に出演していたけれども、みうらじゅんを取り巻く人たちって、メディア上に現れる部分だけを見ていれば、とにかく快楽を貪り続ける人生であるかのようだ。表面的な捉え方であることは百も承知で言わしてもらうと、とにかく楽しく浮世を謳歌しているように見える。

    この本の元になった連載は、2005年2月からはじまったということなので、TR2の末期と被っている。
    DT喪失が一つのテーマとなっているわけだが、ラジオで聞いたことのあるエピソードもいくつか入っていて、自分的にはタイムリーな感じで読めた。
    と同時に、ラジオでは語られない、詳しいイキサツ、もちろん、全部が実話だとは限らないわけだけど、そのあたりが埋まっていったのが、個人的には充足した。

    まあ、ラジオを聞いていても、決して楽ばかりでなく苦もあるさ、ということはなんとなくうかがい知れるわけだけど、この本を読むと、懊悩してるよなあ、とやはり思う。

  • 軽く楽しく読めました。どこまでfictionなのでしょうね。
    女性とは無縁の青春時代だった自分と比較すると、そんな人もたくさんいるのだろうなとあこがれるところがあります。

  • みうらじゅんさんの浪人時代の自伝的小説。ありがちな話の中に、みうらじゅんさんらしさが光る。

  • 自伝的な青春小説てのは多くの人が書いており、自分としては割と好んで読むけれども、どれも結構似たような内容だったりする。本作もその意味では似たような内容ではあるけれど、さすがにそこはみうらじゅんなのであり、ひと味違う雰囲気を出している、とにかく、主人公が格好悪いのだ。それは見栄っ張りであり、甘ったれであり、それだけだと他の青春小説と変わりないのだが、違うのは、若者としての矜持もない、というところだろうか。よって青春小説に共通するさわやかに欠けるのだが、その分リアリティは高いと思う。

  • 2013/10/10 Amazonより届く。
    2014/7/29〜8/1

    みうらじゅんの自伝的小説。まとまった文章を読むのは初めてだが、この人はホントに根っからのエンターテイナーだな。青春三部作の2部に当たるらしい。他の作品も読んでみよう。
    盟友、山田五郎氏の解説も必読。

全10件中 1 - 10件を表示

自分なくしの旅 (幻冬舎文庫)のその他の作品

自分なくしの旅 Kindle版 自分なくしの旅 みうらじゅん
自分なくしの旅 単行本 自分なくしの旅 みうらじゅん

みうらじゅんの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
みうら じゅん
ヴィクトール・E...
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

自分なくしの旅 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする