レディはならず者に守られて (ラベンダーブックス)

制作 : 五十嵐 とも子 
  • 幻冬舎 (2014年1月23日発売)
3.17
  • (0)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 14人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (477ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344421417

作品紹介

19世紀、英国。良家の令嬢たちが集まる海辺の休暇村スピンドル・コーヴで、ケイト・テイラーは音楽教師として暮らしていた。ところがある日、孤児として育ったケイトの前に、彼女の親族だという侯爵家の4人が現れる。彼らは自分たちの家へケイトを連れ帰ろうとするが、その言動を不審に思った在郷軍の指揮官ソーンは、とっさにケイトと自分が婚約したと嘘をつく。それでも侯爵はあきらめることなく村に滞在し、ケイトが一族のひとりだと示す証拠を本格的に探しはじめた。偽りながらもソーンの婚約者として過ごすうち、彼のぶっきらぼうな態度に隠されたやさしさに気づき、ケイトは惹かれていく。さらには、彼女自身も覚えていない過去についてソーンが何か知っているとわかり…。

レディはならず者に守られて (ラベンダーブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ3作目。ケイトの出生の秘密を知っていたソーン伍長。秘密が明らかになるまでそわそわしながら読みました。親戚だと言っていた侯爵家、当然胡散臭いと思いながら読んでたけどそうじゃなくて変わり者達ではあるけど真っ当な人達だった〜。
    ケイトはステキなヒロインだしソーンもいろいろこじらせちゃってるけどいい男。悪人でてこないしほのぼのしてて好きなシリーズでした。
    このシリーズ原書ではまだ続くのかな?でもここで翻訳は終わってるのね…

  • 「天使たちの入り江」シリーズ3作目
    h/hは実は…韓流もどきの展開 and シンデレラストーリ ヒロインの幼少の頃のおぼろげな記憶のピースがヒーローの言葉で少しずつ埋まっていく ヒロインの出生の秘密が明かされていくとこは面白い 
    ドルー侯爵の叔母 最後に爆弾落下 よくぞ、告白したもんだ 私だったら墓場まで持っていく 母親のことを思うと、この叔母は断罪もの なのにヒロイン速攻赦す マジか⁉ ん~このヒロインの度量深すぎ、心の狭い私には理解不能w
     ドルー侯爵の兄弟大過ぎ シリーズ化のためなのか いろいろ、ぶっこみ過ぎ感あり 
    結局ダイアナは誰とくっつくんだ? ダイアナのお母さんが狙っていたドルー侯爵か? 次作プリーズ 本家では、Spindle Coveシリーズ7冊刊行

全2件中 1 - 2件を表示

テッサ・デアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュリア クイン
有効な右矢印 無効な右矢印

レディはならず者に守られて (ラベンダーブックス)はこんな本です

レディはならず者に守られて (ラベンダーブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする