試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.75
  • (152)
  • (263)
  • (214)
  • (45)
  • (5)
本棚登録 : 2728
レビュー : 263
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344421509

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • みんな恋をしている。で、どこにでもありそうな、恋模様。傑作!とか泣ける!とかではない。でもリアル。大人の女性誰にでもある想いや悩みをそれぞれに抱えていて、どれかには共感できるのではないかな。
    さすがコピーライター。心にスッと入って来る言葉が結構あって、物語の内容よりも、言葉の良さにこの本を買って良かったなって思った。
    ルミネのキャッチコピー、いちいち良いもんな〜。

    読み終わったら、恋したいな〜って思いました。

  • ルミネの広告コピーが好きで手に取った一冊。

    本のタイトルと短編毎のタイトルにそのコピーが使われ、おしゃれをすること、その先にある自分らしさを見つけることが印象的な言葉とともに描かれています。

    ネイルで華やいだ指先を見る瞬間、ぴったりの丈のスカートを着ている時、お気に入りのワンピースに似合う髪型で出かけた日…ほんの些細な、自分にしかわからないような満足感を感じられるだけで、結構幸せになれちゃうんだよなぁと思います。単純と言えば単純だし、切実でもある女心がそれでしょうか。

    本のタイトル、「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」
    ”あの人”の目に映る自分を想像するとき、女性はいちばんチャーミングなのかもしれません。

  • 読み終わって本を閉じる時にいくつになっても恋をするってやっぱり素敵だなぁって思いました♪渋谷区にある『Closet』というセレクトショップ。そこを訪れた女性達の5編の短編集。エピローグのお話とても素敵でじーんとして感動しました☆コピーライターとして活躍されている尾形真理子さんの小説家デビュー作!それぞれの女性が恋に悩んでいて色んな気持ちに共感できました♪このショップのカナメさんも同じように恋する女性で嬉しくなります♡人と違うのが個性ではなく自分らしいのが個性。自分をもっと好きになれる服が欲しくなりました♪

  • コンプレックスも少し角度を変えると魅力になる。
    好きな物と似合う物が違う事も多々ある。
    服選びは難しい…
    都会の片隅にあるセレクトショップの来客たちの各々の恋。
    長い付き合い、不倫、片想い、久しぶりの恋、失恋、
    終わった恋、オーナーの恋。
    抱えている様々な想いが服選びの時の何気ない事で動き出す。
    好きな人を想いながらの服選び。ある種、幸せなひととき
    「実らなかった恋にも、ちゃんと実ができている」
    そんな一節がとても響いた…

  • 女性の気持ち、様々な心模様があって日々生きている。私もあるな。なんて思いながら読んでいた。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「私もあるな。なんて」
      ふ~ん、、、気になるからメモっとこう。。。
      「私もあるな。なんて」
      ふ~ん、、、気になるからメモっとこう。。。
      2014/04/23
    • karinさん
      nyancomaru さん
      はい、気軽に読める本なので
      機会がありましたら是非!
      nyancomaru さん
      はい、気軽に読める本なので
      機会がありましたら是非!
      2014/04/24
  • おしゃれするって
    自分のためだけじゃなくて
    想う人のためでもあるんだ
    おしゃれすることで
    人は
    磨かれる

    2014.4.9

  • コピーライターの書く文章。
    明快で心にすーっと入ってくる感じ。
    ルミネの広告を書いている人だと思って手に取って読んでみたら、登場人物の女性にどこか共感できる所がある短編集だった。
    恋に臆病だったり、片想いをしていたり、両想いでも何か不安がある、そんな人たちに読んでほしい一冊。
    文章も小説自体も短いからすぐ読める。

  • 路地裏のセレクトショップ。
    その人に似合う服を真剣に選んでくれる、たった一人の店員さん。

    服と恋愛という、女の子が飛び付きそうなキーワードを軸に展開される短編集。

    内容については、よくあるパターンの話が多く、やや単調。
    タイトルのポイントが大きいのも、タイトルの付け方も、ターゲットがよく見えてしまう所は好きじゃない。

    けれど、話の核になる、女性たちの思い。
    その思いに対する共感が強かった。

    仕事があって、自分があって、恋愛に左右されるのは、ともするとバカにされてしまうような「些末なこと」なのかもしれない。

    けれど、そういう思いを強く持つことの愛おしさもこの作品からは感じられる。
    ヒールを履いて、猫背を直す!

  • 春先、あるお店でお洋服を選び変わっていく女性たちの話。

    読む前は「あーわかるわかる、好きな人のこと考えながら服選ぶよねーわかるー」という気持ちでしたが、それだけではなく自分がどう変わっていくか、服を通して考える話かなと思いました。
    自分自身恋愛関係がダメダメで、話の中でもわたしか…?と思う場面も多々ありましたが、やっぱり自分自身変わることが大切だなと改めて感じました。
    こんなショップがあったら行きたい。

  • セレクトショップ「closet」へ訪れる女性が、服と向き合い、自分と向き合い、進んでいく5つの物語。

    短編集な事もありサクサクと読み進められますが、少し物足りない気がも…
    しかし少し物足りないくらいが丁度いい、爽やかで前向きになれるお話です。


    私はエピローグが一番好きです。
    恋人を大切にしようと思える1冊でした。

全263件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

尾形真理子(おがた まりこ)
1978年、東京都生まれのコピーライター・制作ディレクター。2001年日本大学法学部新聞学科卒業後、博報堂に入社。ルミネをはじめ、資生堂、Tiffany&Co.、キリンビール、日産自動車など多くの企業広告を手がける。朝日広告賞、TCC賞など多数受賞。
『試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。』(幻冬舎)で小説デビュー。

試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫)のその他の作品

尾形真理子の作品

ツイートする