ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)

著者 : 市川拓司
  • 幻冬舎 (2014年4月10日発売)
3.83
  • (21)
  • (29)
  • (29)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :290
  • レビュー :25
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344421721

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どのストーリも全く別で、オリジナルなんだけれど、市川拓司の本に出て来る人たちは、どこか似ている。
    不器用で、生きて行くのに精一杯で、でも、自分の感覚を大切にしようとしてる人たち。
    非常に純粋で、読んでいると、ずっと昔、自分にもそうやって、自分の感情をこじらせた時があったなぉと懐かしく、痛々しく感じます。
    共感出来るところが多くて、登場人物が非常に愛おしくなります。

    今回は、短編3つと、一つ一つが短かったためか、要らない部分が削げていて、より純度が増した感じです。
    まさに、削いで削いで、それでも豊か。

  • ジャンル的には恋愛小説のカテゴリに入るのだろうけれど、個人的には違和感がある。
    確かに恋の話だけれど、もっと心の交流というか魂でのつながりというか、上手く表現できないけれど、二人の深い結びつきを描いた作品だと思った。

  • 普通の人たちとは少し違った子供達の純粋な恋愛
    甘ったるい感じではなくて、綺麗なものを見ている感じ

  • 純愛の物語。
    まだ子どもの時、みんなと違う、ということは受け入れられづらい。
    そんなひとをわかってあげられる人が、ひとりでもいるといい。

  • 本屋でふと適当なページを開いて立ち読みしただけで、少し泣きそうになるセリフをいくつか見つけたので、即購入。短編集だけれど、主題の作品が一番やさしくて素敵だと思う。 市川さんの作品は問題を抱えた登場人物が恋をする、ほぼ安定した内容だけれど、だからこそ自分には欠陥がある、と思ったことのある人の心に、何度でも触れるのだと思う。

  • うーんまぁまぁかな

    不器用だったりなんだりでうまく生きれていないひとたちに惚れる話

    短編3つだけどどれも似たようなテイスト

    雰囲気重視
    すきなひとはすき
    わたしはふつうかな

    感受性が強いかんじ?

  • 優等生と落ちこぼれ。でも他の大勢とはちょっと違っている二人。
    いいですね、なんだかキュンとしました。

    1冊の文庫本に3編。長すぎず短すぎず、グズグズした感じにもならずよく味わうことも出来て、ちょうど読みやすい長さでした。

  • 心が洗われるような恋愛小説。
    何かを背負ってる分だけ、人は優しくなれるのかもしれない。

  • ひとつひとつの話全部がとても好きだった。一番好きな恋愛小説。

  • 少し変わった二人の恋のお話。
    思い続ければ、いつかは叶う。
    そんな事を思うお話でした。

全25件中 1 - 10件を表示

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)のその他の作品

ねえ、委員長 Kindle版 ねえ、委員長 市川拓司
ねえ、委員長 単行本 ねえ、委員長 市川拓司

市川拓司の作品

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)に関連する談話室の質問

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ねえ、委員長 (幻冬舎文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする