またまたへんないきもの (幻冬舎文庫)

著者 : 早川いくを
  • 幻冬舎 (2014年4月10日発売)
4.00
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :45
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344421851

作品紹介・あらすじ

毒針で人を殺せる貝、鼻毛と鼻クソそっくりの疑似餌を持つ魚、浮気したオスをメスがボコボコにする両生類、頭をはたかれただけで死んでしまうツチブタ…。見た目や名前や生態がどうにもフシギな生物を、精緻で迫力満点なイラストと、爆笑必至の解説で64種紹介。奇妙な生物ブームを巻き起こしたベストセラー「へんないきもの」シリーズ第2弾!

またまたへんないきもの (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作「へんないきもの」を読んだのはいつだったか忘れたけど、またまた好きだなへんないきもの。
    地球上、同時代にこんな生き物がいるなんて、まだまたわからないことだらけ。進化って面白い。早川さんの爆笑解説が楽しい本。

  • トゲアリトゲナシトゲトゲ! ヨーロッパタヌキブンブク! ウルトラマンボヤ! ハワイアンキラー芋虫(仮名)! そしてイヌ!!

  • 1年かけて読んだ。ご飯を食べながら読む癖があるため、絵のリアルさに中断を余儀なくされること山のごとし。面白い……けど食欲減退……の繰り返しである。一番興味をそそられたのは、イヌかなあ……。

  • 前作同様に楽しい本です。
    ただ、「気の利いた」文章が増えているようで、ちょっと読んでて苦笑いするところが多かったかも。
    色々気にしないで軽く読むのが良いかな。

  • とてもユニークで面白いいきものをよく集めたなあと感心する。確かにへんではあるけれど、それは人間を基準にして考えるからであって、種の保存に最も有利な状況を生み出すための環境への適応である、というJ・ダイアモンドの著作を既に読んでいたので、違和感を余り感じなかった。
    最後の部分に著者の意見が語られているが、生物多様性については諸説あるので必ずしも正しいとは云いきれないのではないかと思う。

  • よくもまあ,これだけ多様性のある生き物が進化したものだ.何かヒントがあるかと思ったが,余りにエッジに寄った種ばかり.

全7件中 1 - 7件を表示

またまたへんないきもの (幻冬舎文庫)のその他の作品

またまたへんないきもの 単行本 またまたへんないきもの 早川いくを

早川いくをの作品

またまたへんないきもの (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする