プリズム (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
3.34
  • (169)
  • (482)
  • (636)
  • (209)
  • (42)
本棚登録 : 5357
感想 : 469
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344421929

作品紹介・あらすじ

ある資産家の家に家庭教師として通う聡子。彼女の前に屋敷の離れに住む青年が現れる。ときに荒々しく怒鳴りつけ、ときに馴れ馴れしくキスを迫り、ときに紳士的に振る舞う態度に困惑しながらも、聡子は彼に惹かれていく。しかしある時、彼は衝撃の告白をする。「僕は、実際には存在しない男なんです」。感涙必至の、かつてない長編恋愛サスペンス。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最後のシーンは切なくて温かくて泣けちゃう

  • 多重人格の話
    百田尚樹さんの主人公が女性は初めてですが、
    主人公に違和感がありました。
    それもあり、感情移入が出来なかったです。

  • 多重人格者といつの間にか恋愛しているサスペンス的要素もあるようなお話。
    解離性同一障害、主人公の聡子は家庭教師先
    で不思議な青年に出会い心惹かれていく。
    しかし、広志と卓也は幼い頃に、虐待をされて、酷い時は12種類の人物が出てきて、5つに統合された広志の中にある卓也と会いたい。他の人物にはそっけない態度を取る。身近にはいないし外国でありそうな話に引き込まれた。

  • モンスターよりずっと良かったなぁ。
    今まで読んだどの恋愛小説より面白かった。

    平野さんのドーンを読んだ後だったから、余計に感じた部分もあったかもしれない。

    永遠の0や、海賊と呼ばれた男とは全く違うジャンルだけど、この人の本は読み物として本当に面白いなぁと思う。

    色々な感想があるけれど、私はこの本大好き(*´▽`*)

  • 強い光もプリズムで分散され、各々の色に散る。

    (以下抜粋)
    ○でも、不妊治療は私にとっても辛いことだった。治療や検査の痛みは耐えられる。でも治療のたびに、自分が女性として欠陥があると認識させらるのが何よりいやだった。(P.63)
    ○現代の精神医学では、ヒステリーという言葉は使いません。梅田さんは古い本を読まれたのですね(P.145)

  • 好きになってはいけない相手を好きになりそうになる自分を必死に抑えようとする聡子の気持ちが分かるような気がしてなんとも言えない気持ちになりました。会いたいけど会うと自分の気持ちが膨れ上がるのを恐れているところとか…
    そう言えば、最初に本の話をしたのも百田尚樹の『永遠の0』だったのを思い出して懐かしくなりました。

  • 多重人格がテーマのサスペンス…?ドラマ?
    話が動くまでが長い。ヒロインが家庭教師になって、そこで多重人格者と出会うのだけど、でもそこまでがそもそも長い。何か伏線でもあるのかと思えばそのまま。

    多重人格について色々説明があり、学術的に面白いが、サスペンスとしては冗長。今や”多重人格者”という設定は散々映画や小説でも描かれていて、こんな説明が無くても読者に抵抗はない。
    一方でヒロインがその人格の一人に惹かれていくというのはあまりにも安易で説得力がない。

    ”人”というのが何によって定義されるかというテーマもあるかもしれないが、退屈なストーリー展開でただの三流のメロドラマで終わった。
    また、同じ作者の女性主人公のサスペンスでも「モンスター」の方が面白かった。

  • こういう多重人格の人が現実に生きていたら想像を絶する生きにくさでしょうね。
    主人公である女性が最初は坦々と職務をこなそうとし、わりとドライに周りを見ているところは好感が持てました。
    女性はどのように彼にはまっていくのか…そして彼は多重人格を乗り越えられるのか、乗り越えるとしたらどのように乗り越えるのか…結構な厚さがありますがぐいぐいと読まされて行きます。

    出版されてからかなり経ちます。出始めの頃に読みたかったな。作者を今ほど知らなかったらもっと楽しめたのになとちょっと思いました。でも面白いです。

    文庫版、精神科医の春日武彦氏の解説がまたいいです。

  • 前半は、お屋敷の描写や登場人物が気になってわくわくしながら読めたが、個人的には後半はあんまり好きな展開でなく少し残念だった。

  • 「ふだん私たちが見ている光は色なんて見えないんだけど、プリズムを通すと、屈折率の違いから、虹のように様々な色に分かれます。人間の性格も、光のようなものなのかもしれないと思う時があります」

全469件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一九五六年、大阪府生まれ。放送作家として「探偵!ナイトスクープ」などの番組で活躍後、二〇〇六年に『永遠の0(ゼロ)』で作家デビュー。一三年に『海賊とよばれた男』で、第一〇回本屋大賞を受賞。他の著書に『モンスター』『プリズム』『夢を売る男』『錨を上げよ』『カエルの楽園』『夏の騎士』『野良犬の値段』などがある。

「2021年 『[新版]日本国紀<愛蔵版>【豪華化粧箱付き・シリアルナンバー入り】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

百田尚樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×