ガンスミス (幻冬舎文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
2.88
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344421936

作品紹介・あらすじ

生命を奪う銃を製造・修理・改造する職人。その中に、銃に魅入られ離れられない罪深き者たちがいる。そんな彼らの前に現れた新型銃は、世界の秩序と軍事地図を塗り替える威力を持っていた。すべてを沈黙させる"狂った兵器"を前に、立ち尽くすか、震えるだけか、それとも闘うか…。超新星が描く新感覚アクション・サスペンス、衝撃のデビュー!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • H28.09.03 読了。

    実在するのかは知らないが、
    ガンスミスという職業はゲームの世界みたいで面白い設定だと思った。
    世界観も、フォールアウトシリーズみたいな荒廃した感じかなー?ってのも良かった。

    しかし、章ごとに主人公が変わるのがまず残念だった。
    誰か一人の人生を描いて欲しかった。

    最終章になるにつれて、ガンスミスの設定が
    あんまり関係なくない?って思った。

    う〜ん、普通。って評価。

  • 割と読みやすい文章ではあったけれど、淡々と出来事を伝えられているだけのような感じでイマイチ楽しめなかった。

  • とある銃に関わった人達の物語による連作。
    繋がり探すの楽しい。
    もっとミリタリ色強いと引き締まったかな。

  • 世界観は独特で面白く、ハードボイルドタッチで非常に楽しめた反面、なんだかモヤモヤするのは、キャラに執着させないよう構成された『ひとつの兵器を巡るオムニバス』という形をとっているせいか。ドキドキもワクワクもイマイチだったのは予想を覆す展開もアクションシーンの迫力もないせいか。筆力の鍛錬に期待したいところ。

  • 久しぶりに足を踏み入れた書店で物色中、平積みになっている本書が目に入って予備知識のないまま購入。

    あっさり読めてしまったが、やはり衝動買いの当てものが見事的中する確率はそんなに高くない。
    適切でない用語の使い方がいくつか見られたし、何より肝心のプロットがパワー不足。
    構成としては小話がいくつか重ねられている形だったので、それらが連作集として収斂を見せるのかと思いきや、そこまでのダイナミズムはなく、散漫なまま。
    テーマは惹起するものがあっただけに、些か残念だ。

全5件中 1 - 5件を表示

ガンスミス (幻冬舎文庫)のその他の作品

ガンスミス Kindle版 ガンスミス 荒川匠

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする