孤高のメス 遥かなる峰 (幻冬舎文庫)

著者 : 大鐘稔彦
  • 幻冬舎 (2014年6月10日発売)
3.63
  • (3)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :59
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (470ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344422032

作品紹介・あらすじ

練達の外科医・当麻の噂を聞きつけ、甦生記念病院には難しい患者たちが次々と訪れる。ある日、やせ衰えた患者を見かけて驚愕する当麻。それはかつての部下、江森京子の変わり果てた姿だった。死を目前にした京子に当麻は亡き妻の親友・富士子が勤めるホスピスへの転院を提案するが-。生と死の格闘に胸熱くなる命のドラマ、シリーズ最新刊。

孤高のメス 遥かなる峰 (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015.2.20読了。

  • たまたま寄った本屋で発見。まさか続編が出てると思わなかった。見つけて即買い。
    当麻が最終的に「幸せ」になってよかった、と思う。

  • あのシリーズの何年ぶりかの続編。夢中になって読んだっけ。
    期待に胸ふくらませて読んだが、うーん…こんなに皆がんになる??
    今回は、当麻自身というより、周りの人間をより深く描いている。往年のファンとしては、それも少しさびしい。
    最後、ようやく富士子と再婚。

全3件中 1 - 3件を表示

孤高のメス 遥かなる峰 (幻冬舎文庫)のその他の作品

大鐘稔彦の作品

孤高のメス 遥かなる峰 (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする