舞妓はレディ (幻冬舎文庫)

  • 幻冬舎 (2014年8月28日発売)
3.00
  • (1)
  • (3)
  • (12)
  • (1)
  • (2)
  • 47人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344422216

作品紹介

「舞妓になりたい!」。京都の花街に、鹿児島弁と津軽弁のバイリンガル少女・春子がやってきた。風変わりな大学教授の計らいで舞妓見習いになった彼女だが、京ことばに四苦八苦、舞踊や鼓や三味線の稽古では失敗ばかり。それでも春子は前を向く。京の花街に生きる本物のレディになる日を夢見て-。豪華絢爛に描く舞妓エンターテインメント小説!

舞妓はレディ (幻冬舎文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞妓に憧れて、単身京都へやってきた春子。鹿児島弁と津軽弁のバイリンガルとして育ってきた彼女は京都弁をうまく操れない。舞や鳴り物など芸事のお稽古と並行し、大学教授 京野の指導のもと、正しい京都ことばや花街のことばを習うようになるが…。

    京都版マイ・フェア・レディ。
    春子の出生の秘密や、花街ならではの芸妓と客の駆け引きなど、京都らしく華やかで映画はさらに楽しめそう。

  • 華やかな 「万寿楽」を 映画で 観たくなった♪

  • 映画のノベライズ。
    映像ありきの脚本を小説におこしてあるせいか
    上滑り感あり。

    【図書館・初読・6/16読了】

  • 映画をもとにした小説。映画みてないけどこれは映画で観たほうが良いだろうと思った。
    津軽と薩摩の方言を使う女性が京言葉をマスターして舞妓になる話

    kobo

  • 舞妓はレディ。周防監督の映画を本にしたもの。映画は見ていないが、面白かった。映画見てみよう

  • タイトルがオードリーヘプバーン主演【マイフェアレディ】のもじりという話を聞いて、へぇ、となった。
    まぁ、マイフェアレディ、みたことないけどね。

    なかなかおもしろかったよ!
    でも京都で舞妓さんを見たとき、首の後ろがどうなってるのかを確認して、全部白に塗ってるわけやないんやとなったことを思い出したんどすえ。

全6件中 1 - 6件を表示

舞妓はレディ (幻冬舎文庫)のその他の作品

舞妓はレディ Kindle版 舞妓はレディ 周防正行

周防正行の作品

舞妓はレディ (幻冬舎文庫)はこんな本です

ツイートする