誰が永山則夫を殺したのか 死刑執行命令書の真実 (幻冬舎アウトロー文庫)

著者 :
  • 幻冬舎
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784344422940

作品紹介・あらすじ

「命と正面から向き合うことでどんな悪党でも更生する可能性がある。これは、実際に死刑囚と向き合ってきた私の確信でもある」。獄中で『無知の涙』を著した永山則夫。彼が被告人だった頃に言葉を交わした元刑務官が、刑場の公開や裁判員裁判で関心が高まる今、永山の死刑執行に隠された残虐な事実を曝し、改めて死刑制度の是非を問う、衝撃の書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 堀川惠子さんの著書で永山則夫を知り、気になったので読んでみた。私が求めていた内容とは少し違ったかな?といった感じ。刑務官という立場から見た拘置所、刑務所を少しでも知ることができたのはよかった。

  • 著者は元刑務官なので、刑務官として死刑囚や多くの服役者・被告人
    と係わった経験から死刑制度を考えるのが本書だ。

    小説風にして登場する人物は仮名で、幾分かの脚色はしてあるのだろう
    けれど、何人かの死刑囚が刑場に消えるまでの話はまさに刑務官として
    の視点だろう。

    このなかでタイトルにもなっている永山則夫の執行当日の様子は実名
    であることもあるのだが、あまりにも生々しい。

    舎房から呼び出され、執行であることに気が付いた永山は渾身の力で
    抵抗する。その永山に「制圧」という名の容赦のない暴行が加えられる。
    刑場に立った永山則夫の体には暴行の痕跡が多く残り、意識のない
    ままに刑が執行されたという。

    執行後、永山の遺体が急ぎ火葬にされたのは制圧による暴行の痕跡
    を隠すのが目的だったのか。

    これが死刑執行の現実だ。死刑囚誰もが心穏やかに絞首台に登るの
    ではない。永山則夫のように徹底的に抵抗する者もいれば、死刑への
    恐怖に足がすくむ者もいる。

    人の命を奪ったのだから、命で償うのは当たり前だとの考え方もある
    だろう。だが、命の償いの為に命を奪う仕事をする人たちがいることを
    忘れちゃいないだろうか。

    それが刑務官だ。絞首台の3つのボタン。誰が押したのかは分からない
    ようになっているとは言え、職務で日ごろから接している死刑囚の最期
    に立ち会う心情は知らぬ者が想像する以上に辛いのだろうな。

    刑法では死刑判決から6カ月以内に執行することと定められている。
    だが、これが守られているとは言えない。何年も、何十年も拘置所
    に置かれ、毎日毎日執行の呼び出しに脅える日々を過ごすのだ。

    そんなある日、法務大臣が命令書にサインをする。そして死刑が執行
    される。

    「死刑の執行命令を他人事として議論するのはやめよう。われわれが
    殺したのだから。
    議院内閣制の民主主義では国民の代表である国会議員が法務大臣
    になるのだからそううことになる。」

    この一文に頭を殴られた気分だ。そうだ。国会議員は私たち国民の
    代表だ。だから、私たちが死刑執行命令書にサインしているのと
    同じなんだ。

    民主党政権時代、法務大臣が死刑執行に立ち会ったことがニュース
    になった。歴代法務大臣として初の立ち会いだった。死刑とはどういう
    ものなのか。死刑制度を考える上でも、法務大臣や判決を出した裁判
    官は執行に立ち会うべきではないのか…と考えた。

    そうして、賛成派も反対派ももっとよく死刑の現実を知るべきなのだろう
    と思う。命は命で償えないと私は思うのだけれど。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1947年生まれ。法政大学中退。67年大阪刑務所刑務官に採用される。以後、神戸刑務所、大阪刑務所係長、法務省事務官、東京拘置所、黒羽刑務所などで課長を歴任。94年広島拘置所総務部長を最後に退官。著書に『死刑執行人の記録』(光人社)、『刑務所のすべて』(文春文庫)、『誰が永山則夫を殺したのか』(幻冬舎)などがある

「2015年 『典獄と934人のメロス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂本敏夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
新保信長
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×